Miwaが太鼓判!大満足間違いなしのMatthewさんのレッスン

今回はオーストラリア料理のホスト、Matthew(マシュー)さんを紹介します。

家で再現できるものを教える、というポリシーを持つMatthewさんのレッスン

3

12年間、オーストラリアやヨーロッパでプロのシェフとして働いてきたMatthewさん。
ジョークが好きで話がおもしろく、Tadakuの面談では盛り上がりすぎて2時間しゃべってしまったほど。

Matthewさんは本当にクリエイティブ!写真用のミートパイに使ったのは、なんと土鍋のフタ!!!

1
▶︎オーストラリアのミートパイ!

日本では土鍋をオーブンに入れる発想はないけど、海外では、土で作られた鍋を使うことも多く、オーブン料理にもよく使われます。
それと同じようなものだと思えば納得◎
こんなふうに、専用の調理器具がなくてもうまく作れちゃうのはさすがプロ!という感じがします。

Matthewさんのレッスンは、家で再現できるものを教えるというのがポリシーなので、難しいことはしないし、手に入りやすい材料を必ず使います。
それぞれの作業の説明、なぜそれをするのかを、わかりやすく説明できるのが、Matthewさんのすごいところ。
なので、初めての人でも安心してレッスンを受けられますよ♪

レッスンではたくさん学べるのもうれしいポイント。
野菜の焼き方や油の使い方、食材の揚げ方、パイ生地の作り方、ケーキスポンジの作り方、応用が効くコツなど、幅広い知識を得られますよ。

料理をきちんと学びたくてTadakuに参加したいと思っているのなら、MatthewさんのレッスンはMiwaが太鼓判を押します!

2

オーストラリア料理と聞いて何を思い浮かべられるかと聞かれても、パッと出てこない人がほとんどかもしれません。
オーストラリアは移民の国なので、いろんな国の料理がミックスされています。
イギリスの影響が大きいけれど、インドや中東の影響も受けているので、いろんな味が楽しめる素敵な料理が多くありますよ♪

4

さらにMatthewさんは、料理が本当に大好きで、料理で人を喜ばせたい、料理の技術を人に伝えたい、というのが伝わってくる人。
レッスンは少人数だから細かく教えてもらえるし、リピーターも多く、なかには奈良から参加したという人も。

Miwaはレッスンに参加したとき、ウエルカムドリンクにちゃんと豆から挽いてくれたコーヒーが出てきて感動。
レッスン中はMatthewさんの「パイ生地には愛をこめて」「(火が通った音をさして)野菜が話しかけてくる」などの名言も飛び出てきて、とても楽しい時間を過ごせます。
今はお子さんが小さいので主夫をしているけれど、シェフ時代の裏話もすごく面白いですよ。

5

Miwaはいろんなレッスンに200回ぐらいは参加しているけれど、Matthewさんのレッスンは本当に楽しいと思う!
次は友達を誘って、プライベートで参加しようと思っているぐらいです。
千葉でちょっと遠いけれど、行くだけの価値は絶対にあります。

▶︎Matthewさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

あまり知られていないけれど、おいしいからぜひ食べて欲しい!おすすめタイ料理

今回は、あまり知られていないけれど、おいしいからぜひ食べて欲しい!Miwaおすすめのタイ料理を紹介します。

カオソーイ

01.jpg

カオソーイは、タイで親しまれている麺料理です。

グリーンカレーやレッドカレーと違って、日本で食べるカレーの味に近いので、日本人の舌にあうと思うし、実際に食べてみるとハマる人が多いですよ。

トッピングに揚げた麺を必ず入れるのがポイント。
いろいろなスパイスが入っているけど、全然辛くないので辛いカレーが苦手な人にもおすすめです。

02.jpg

タイ料理が好きな人で、食べたことがなかったらぜひ食べてみてほしい一品です◎

カオソーイが作れるレッスンはこちら
▶︎人気のチェンマイ料理 カオソイ(タイカレーヌードル) Northern Thai style Curried Noodle Soup

 

マッサマンカレー

IMG_6030.jpg

マッサマンカレーは、「世界で一番おいしい料理」にも選ばれたので聞いたことがある人も多いかもしれません。

本場のマッサマンカレーは、すごくいろんな材料が入っていて、ハーブは4〜5種類、スパイス6〜7種類ぐらいと多く、八角やシナモンも入れます。

家庭で作るときは市販のペーストを買ってきて作るけれど、ペーストから手作りする場合は唐辛子を水で一晩ふやかして炒めたり、ゆっくりと煮込んだりするので、手間はかかるけど、ペーストから作ったマッサマンカレーは絶品!
ちなみにペースト作りの作業は無心になれるから、Miwaは結構好きです(笑)

IMG_6034.jpg

真っ赤なので、辛そうにも見えますが、実は、とってもマイルドなカレーなので、辛いものが苦手な方でも、きっと気に入ってもらえるカレーです!

マッサマンカレーが作れるレッスンはこちら
▶︎「世界で最も美味しい料理」1位に選ばれました !マッサマンカレー

韓国のお鍋を紹介!

韓国にも、日本と同じように鍋料理があります。
日本のお鍋というと、野菜やお肉などの具材を何種類も入れることが多いですが、韓国ではそんなにたくさんの食材は入れません。
材料も少ないので、材料さえ揃えれば作れるのもうれしいポイント。

ジャガイモとスペアリブのお鍋『カムジャタン』

IMG_3091

カムジャタンは、じゃがいもとスペアリブのお鍋です。
じゃがいもが丸ごとゴロゴロ入ってて、とてもダイナミック!
食べごたえがあって大満足です◎

797CDFD7-D4C6-4F80-9A0F-942DB4D21936

味付けも、濃い味でしっかりついているので、ゴロゴロ入ったジャガイモもがっつり食べられます。
辛さは唐辛子の量で自分で調節できるので、辛いものが好きな人も苦手な人も楽しめますよ。

352907A5-8B20-4DB3-9111-3734268EE51C

カムジャタンは日本ではあまり知られていませんが、とっても美味しいのでこの味が好きな人は多いと思います!

ぜひレッスンに参加して食べてみてくださいね♪

カムジャタンが作れるレッスンはこちら
▶︎カムジャタンの会~きゅうりのキムチ&野菜チヂミも!お土産付き
▶︎自宅でおいしいカムジャタンを食べて、すいとんを作ろう!

やさしい味で体もポカポカ『タッカンマリ』

2A802469-92D2-4A66-984B-6A244D02E917

次に紹介するのはタッカンマリ 。

タッカンマリは韓国風水炊きのようなイメージです。
とても気軽に作ることができるので、おすすめです。

鶏をまるごと1羽使っているので、見た目のインパクトも大きいタッカンマリ!
骨ごと使うから、鶏のダシを味わえますよ。

5B049B46-5523-4F6A-9BC2-69624FB4FFE5

スープはあっさりしてるけど、つけだれを辛いものにもできます。
やさしい味で体もポカポカあたたまるので、寒い季節にぴったり。
韓国料理の辛さが苦手な人にもおすすめの鍋料理です。

DSCN2037

日本ではあまり見ないけれど、絶対日本人が好きな味だと思います♪

タッカンマリが作れるレッスンはこちら
▶︎コラーゲンたっぷり!!! タッカンマリ「鶏一羽」
▶︎タッカンマリとお持ち帰りキムチ