自宅に帰っても同じ味が作れる!フォーが絶品のHuyềnさんのレッスン

747129db64d42809d8ad55f6ada052d4bab9415

今回は、ベトナム料理のホストHuyền(フィエン)さんの紹介です。

一度食べると他ではもう食べられなくなるくらい、美味しいフォー

フィエンさんはTadakuに参加されて、今年で4年目となるホスト。
Miwaが日本でベスト3に入ると思う、おいしいベトナム料理を教えてくれます。
フィエンさんのフォーを食べるとあまりのおいしさに、ほかでは食べられなくなったほど!

d534630b316535b95f748fd59a5f3db6aea9428

タイ料理と勘違いされることが多いベトナム料理ですが、タイ料理より辛いものが少なくやさしい味が多いのが特徴です。
スパイスが多くて辛そう、と思っている人もいるかもしれませんが、やさしい味の料理が多くて、ほっこりしますよ。

buncha3

ベトナムのつけ麺のような料理のハノイの有名料理「ブンチャー」は米の麺やお肉を、スープにつけて食べるのですが、これが本当に美味しい!
生野菜もたっぷりで、バランスが完璧◎
レッスンではベトナムコーヒーもいれてくれますよ。

76c4834958982b1e4aa7baad2987dc319cfaf85

千葉の我孫子なので都内から行くと少し遠いけれど、遠いという理由で行くのを躊躇するなら、絶対に行くべき価値はある味です!と言い切れます。

フィエンさん、日本に来るまでは研究者をしていた人で、料理も研究するのが好きなのか、どの料理もとてもおいしいです。

フィエンさんのレッスンは、難しくなくて自宅での再現性が高いのがうれしいポイント。
家に帰ってから自分で作っても、同じ味が作れますよ。
こんな料理が作れるようになったら、相当な料理上手だと思われること間違いなし。

b03932aec6e2229dc9bdd32bca84a89714fab9e

さらにフィエンさんは、盛り付けとかプレゼンにこだわる人なので、ベトナムで買ってきたテーブルセンターや食器もとってもオシャレ!
そういったところにこだわりを持っている人は、絶対好きだと思います♪

Nem-rán-2

リピーターさんも多いフィエンさんのレッスン。ベトナム料理が好きなら一度は参加してみてください!

▶︎Huyềnさんのレッスンはこちらから

料理を習いながらウズベキスタンの色々な話を聞けるObidさんのレッスン

Obid-65

今回は、ウズベキスタン料理のホストObidさんの紹介です。

ウズベキスタンの人も大好き!本格的なウズベキスタン料理

とにかくごはんがおいしい!いろんな国の料理を食べているMiwaも、おいしくて感動した料理のひとつです◎

タイ料理とかインド料理って、どんなにおいしくてもハーブが苦手だとか、食べ慣れていないとどうしても100%素直に「美味しい」と思えない部分がありますが、ウズベキスタンの料理って、あまりクセのある食材を使わないんです。

クセがあるのはラム肉ぐらいなので、ラム肉が平気なら大丈夫。

誰でもおいしいと思える料理が多いです!

Obid-44

ウズベキスタンでよく食べられているプロフというお料理は、野菜やお肉のダシがたっぷり入った、パエリアのような料理。

お肉が入ってボリュームたっぷりだけど、サラダとも相性抜群でいくらでも食べられます。

ちなみに日本にいるウズベキスタンの人が、Obidさんの料理を食べるためにわざわざ来るくらい、本格的で美味しいです。

食材はシンプルなのに、ここまで美味しく作れるのが不思議なぐらい。

Obid-37

日本ではなかなかウズベキスタンの料理って食べられないし、そもそも出会わないですよね。

だから、こんなにおいしいウズベキスタンの料理を食べられるのはTadakuならでは。料理を習いながらウズベキスタンの色々な話を聞ける貴重な体験ができます。

Obid-57

Obidさんは日本在住歴も長く、奥さんが日本人で、親日家。

ウズベキスタンのことを知ってもらいたいという思いが強く、部屋にはウズベキスタンの雑貨などがたくさん飾ってあります。

Obid-75

もちろん、ウズベキスタンのいろんな話をしてくれるので、Obidさんと話をしているとウズベキスタンに行きたくなります。

Tadakuでなら料理を習いながら、このような貴重な体験もできます。

Obid-9

ウズベキスタンは、アジアやトルコなどの文化の影響を受けているので食文化も独特◎

お米も食べるけどパンもよく食べ、剣山のような道具でパンに模様をつけて焼く、ユニークな料理もあります。

また、布が有名で、奥さんがウズベキスタンの布でエプロンを作っているのですが、それがとても可愛い。

Obid-60

Obidさんは人柄もあったかくて、レッスンに行くと幸せな気持ちになります。

世界には、知らなかったけど素敵な国があるんだなって思える、そういうことに気づかせてくれるホスト。

ウズベキスタンや中央アジアに興味があるなら、絶対行ってみて欲しいです!

▶︎Obidさんのレッスンはこちらから

まるでホームステイ!ホストと食卓を囲む「おうちごはん」の紹介

DSC05324

今回は、外国人の家で食べる「おうちごはん」の紹介です。

「おうちごはん」ってなに?

「おうちごはん」とは、通常の料理レッスンとは違い料理は作らずに、ホームステイのようにホストのお宅で食卓を囲むことができるTadaku独自のサービスです。

実際にホストの国の家庭に出てくるものを食べられるので、海外に行かなきゃできないような体験ができます。ジンバブエやミャンマーの料理など、珍しい料理も多いのもポイントです◎

Tadakuに参加する人は料理を習いたいというのはもちろんだけど、その国のことを知りたい!料理に興味がある!という理由で参加する人が多いです。

でも料理教室となると、どうしても半日がかりになるし、ちょっとかまえてしまう部分もあるかもしれません。あまり料理の腕に自信がないとか、他の人が料理上手な人ばっかりだったらどうしようと心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「おうちごはん」はそんな方にはぴったりのサービスです!

価格も2,500円とリーズナブルなので、より気軽に参加できると思います。

「おうちごはん」では、基本的に3品の料理が用意されています。

メインディッシュは決まっていますが、あとは行ってみてのお楽しみ。

料理教室となると、再現性が大事なので日本で手に入らない食材って使いにくいのですが、「おうちごはん」はそういう配慮もいらないから、ホストが好きな食材を使っています。

料理によっては、日本では絶対に食べられないようなものが出てくるかも!

「おうちごはん」をはじめた理由

Tadakuにゲストとして参加した人の中には、料理を習うことよりも国のことに興味があるとか、現地で食べたご飯をもう一度食べたい!という方も多くいらっしゃいます。

そういう人がもっと気軽に参加できるように「おうちごはん」を始めました。

DSC05240

東京に住んでいると、外食すれば様々な国の料理が食べられるけど、その国の人とコミュニケーションをとる機会ってあまりないですよね。

でも「おうちごはん」なら、その料理がその国でどういう時に食べられているのかとか、どんな食材を使ってるか、というような話をしながら食べられるんです。

これってすごく貴重な体験だと思います。

また教えるより作るのが好きとか、作ったものを食べてもらいたい、というホストにとってはすごく楽しいものになっています。

時間も1時間~1時間半と料理教室に比べて短いので、ランチを出掛ける感覚で参加してOK

Miwaも参加したけど、まるでホームパーティーに招かれたみたいな感じでとっても楽しくて、こういう機会がもっと増えればいいのに!と思いました。

参加者はその国や料理に興味のある人が多いので、話題も盛り上がること間違いなし!

DSC05262

Tadakuのレッスンに行ってみたいなっと思ってるけど、なかなか最初の一歩が踏み出せない方には、「おうちごはん」をおすすめします。

まず「おうちごはん」に参加してみて、ホストやレッスンの雰囲気を知ってください。

誕生日などのプレゼントがわりに友達と参加したり、Tadakuってどんな感じなのかを体験するのにもぴったりです♪

▶︎おうちごはんの詳細・予約はこちらから