じっくり煮込んだユッケジャンスープが温まる!ユリエさんの韓国料理レッスン

今回は韓国料理のホスト、Yurie(ユリエ)さんのおすすめレッスンをご紹介します。

ユリエさんは日本に来て25年ほど。
旦那さまが日本人で日本人と話していると錯覚してしまうぐらい日本語も上手!
なので、言語の違う外国の人の家に行くのってちょっと緊張してしまう…という人は安心してレッスンを受けられると思いますよ。

75264954_2572872706129652_6572664882011832320_o.jpg

ユリエさんはパン作りを教えるのも好きで、「製菓衛生師」という国家資格も取ったほど。
Tadakuのレッスンでは、レシピもプリントにして配ってくれるし料理の手順を丁寧に説明しながら進めてくれます。
料理中に「これは何の作業をしているところだろう?」と疑問に感じることもありません。

プサンの出身で、レッスンのときにはプサンとソウルの違いなど、韓国のことを教えてくれるので、韓国の文化などに興味がある方にもおすすめのレッスンです♪

ユリエさんさんの人気レッスン「焼肉屋さんの定番料理を楽しもう!ユッケジャンスープとSTAUBで作る石焼風ビビンパ」のメニューをご紹介。

・ユッケジャンスープ

76250679_2572886452794944_7333760935430979584_n.jpg

これからの寒い季節にすごくいい!唐辛子も入っていて、あたたまります。
煮込む時間はかかるだけど、実は作るのはとっても簡単!
ユリエさんはきちんと牛肉からダシをとって作ります。
辛いけどコクがあってすごくおいしい!

・ストウブ焼きビビンパ

72461756_2572872666129656_4020137810517295104_n.jpg

ストウブを使ったレシピだけど、フライパンでも大丈夫。
ナムルも簡単で、野菜を茹でて調味料をあえるだけ。
ゼンマイのナムルは炒めて作るという新しい発見もありましたよ。
少しずつ味付けも変えていて、とってもおいしかったです。

・海鮮チヂミ

IMG_5732.jpg

チヂミは日本のお好み焼きと比べて、生地の量が少ないのが特徴。
生地よりも具をメインに食べるもので、Miwaはお好み焼きよりチヂミが好き。
材料を混ぜて焼くだけで、とても簡単に作れます。

とても盛りだくさんのレッスンメニューだけど、ユリエさんが下準備をしっかりしてくれるから安心して参加できます。
家庭でこのメニューを全て再現するのは大変だと思うので、お得感のあるレッスン!
興味のある方にはぜひ参加してほしいです。

▶ユリエさんのレッスン一覧・参加予約はこちらから。

ルーマニアのお母さんの味にほっこり♪ダニエラさんの家庭料理レッスン

最近Tadakuに参加してくれたダニエラさんは、日本生活が長いので日本語はペラペラ。

料理の実績もあってテレビにもたくさん出ているし、料理本を33冊も出しているんですよ。

知らない人の家に訪問するのはどうしても緊張すると思うけれど、とても気さくな性格で
その緊張がほぐれるようなやさしい笑顔で、ほっこりした気持ちになります。

2.jpg

お父さんも日本に滞在中で、レッスンにはアシスタントのような形で参加しています♪
このお父さんも、とってもフレンドリー!言葉はほとんど通じないけど、たくさん話しかけられてくれるし、80歳とは思えないほどすごく若いお父さんです。
もちろん、ダニエラさんがちゃんと通訳してくれるのでご安心を。
まるでルーマニアの家庭にホームステイしたみたいな気分が味わえますよ。

5.jpg

さらに、ダニエラさんはティーカップのコレクター。
レッスンの最後に、お父さんがルーマニアのコーヒーを淹れてくれるのだけれど、ダニエラさんのコレクションの中から好きなカップを選ばせてくれます。
マイセンとか高級ブランドのものも多くて、選ぶだけでもとっても楽しい!

和やかな雰囲気の中行われる楽しいレッスンなので、初めて参加される方にもオススメですよ。

3.jpg

ダニエラさんのレッスンは、みんなで食材の買い物に出かけるところから始まります。
これはMiwaも初めての経験でびっくりしたけれど、できるだけフレッシュな食材を使いたいのと、一緒に選べばどんなものを使っているか分かって安心でしょ?という理由を聞いて納得。

スーパーに向かう道中では、ルーマニアのドラキュラ伝説の話などをしてくれてとてもおもしろかったです。

6.jpg

レッスンで作るのは、まさに家庭で出てきそうなメニュー。
よそ行きじゃないお母さんのやさしい味で、体調が悪いときにこれ食べたら、元気が出そうなものばかりです。

ダニエラさんの人気レッスンのメニューを紹介します。

▶︎Mama’s soul chicken menu

・チキンスープ

4.jpg

パプリカなどの野菜がたっぷり、味付けは塩のみで野菜と鶏肉のダシがたっぷり出ていて、これが本当においしい。
白にんじんという珍しい野菜も使います!
入っているパスタも手作りで、食感がとても良くって体にも心にもおいしい味。
Miwaがレッスンに行ったときに10歳の子も参加していたのですが、このスープがあまりにおいしくておかわりしすぎてスープだけでお腹いっぱいになってました。

・チキンピラフ

1.jpg

チキンスープで米を炊く、日本人の感覚からしたらリゾットに近いもの。
パプリカや玉ねぎをじっくり炒めて甘みを出すのですが、「砂糖入れた?」って思うぐらい野菜が甘い♪

・サラダ
ルーマニアではオリーブが育たないので、オリーブオイルは使わないのだそう。
このサラダも、ドレッシングにはひまわりオイルを使うのですが、とてもおいしかったです。

どれも作り方はシンプルだけどとてもおいしいし、ルーマニアの家庭料理を体験できます。Tadakuならではな貴重なレッスンにぜひ参加してみてくださいね。

▶︎ダニエラさんのレッスン一覧・参加予約はこちらから

パワーフードたっぷり!メモリーさんのジンバブエ料理レッスン

今回はジンバブエ料理のホスト、メモリーさんのおすすめレッスンをご紹介します。

メモリーさんは、とにかく明るい人!
ジンバブエのことを知りたいという人はそれほど多くないので、ゲストさんがきてくれるのがとにかく嬉しのだそう。

2

レッスンの前に、バオバブの実や全粒粉の発酵ジュースやスコーンを振る舞ってくれました。
バオバブの実はちょっと酸味があって、ほかに似た食材が思い浮かばない変わった味。
でも体にはすごく良くて、子供達は学校から帰るとキャンディ感覚でポリポリ食べるのだそうですよ。

3

発酵ジュースは酸味が強くてすごくびっくりしたけれど、日本にはない味なので興味のある方はぜひ1度飲んでみてほしいです!

メモリーさんの陽気な人柄もあって、作るのも楽しくてレッスンがあっという間。
Miwaが知らない食材や料理も多く、まだまだ知らない食べ物がたくさんあるんだなー!って思いました。

4

なかなか日本では食べられない、アフリカのジンバブエ料理。少しでも興味のある方はぜひ参加してみてくださいね♪

それではメモリーさんの人気レッスンのメニューを紹介します。

▶︎A Taste of Zimbabwe

とにかくジンバブエ料理は、ピーナッツバターをたくさん使います。
その出番の多さにMiwaもびっくりしました!

・ピーナッツバターライス

39331989-1375-477A-A069-E2FCDC7C24C4

名前のままでごはんにピーナッツバターを入れたもの。
砂糖が入ってないピーナッツバターを使っているので、ピーナッツの甘さだけを感じます。
ジンバブエはお米も食べるけれど、ちょっと高級な食材なのだそう。

・ティラピアのマリネ焼き

6

ティラピアは、アメリカなどでもよく食べられている白身魚。

スパイスを練りこんで焼くだけなのだけれど、スパイスが絶妙ですごくおいしい。
スパイスはターメリックやチリペッパーを使うので、どことなくインド風な味です!

・ほうれん草とピーマンの炒め物

DSC09149.jpg

これもスパイスを入れて炒めたもの。
ケールなどの野菜と一緒にトマトを入れて炒めているので、トマトの旨味が出てすごくおいしい。

・コーンミール

5

コーンミールは、サザと呼ばれ、ジンバブエで一番ポピュラーな主食。水を入れて鍋で加熱しながら練ります♪

日本でジンバブエ料理を作れる数少ない機会、日本にいながらジンバブエを味わいに来てください!

メモリーさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから