本場の味を知ってほしい!ルカさんのイタリア料理レッスン

今回はイタリア料理のホスト、ルカさんのおすすめレッスンをご紹介します。

ルカさんは2012年から日本に住んでいて、奥様は日本人。
3年前からTadakuのホストをしていて、イタリア語の先生をしているのだそう‍です。

DSC09049.jpg

とても明るい性格で、日本の人が想像しているイタリア人にイメージがぴったりです!
料理のコツや材料のことやイタリアでの本来の作り方なども教えてくれて、話がとても面白い。
レッスンはすごく丁寧なので、料理に慣れてない人でも家に帰ってからも再現できると思います。

DSC09057.jpg

イタリア料理は日本ではすごくポピュラーな料理だけれど、本来のイタリア料理と違う部分も多いので、ルカさんは本当のイタリア料理を知ってほしい!という強い思いがあります!

本場のイタリア料理をぜひ学びたいという方にはぜひ参加してほしいレッスンです。

本物はクリームと玉ねぎがない?!簡単なローマの伝統的な料理、パスタアマとリチャナ、サルティンボッカ「子牛肉」とチョコレートケーキ

・パスタ アマトリチャーナ

DSC09073.jpg

よくあるアマトリチャーナは玉ねぎを入れて作ることが多いけれど、実は玉ねぎは入れないものなのだそうです。
Miwaは、玉ねぎを入れないと甘みも出ないのでは?と思っていたけれど、入れなくてもコクが出ることに衝撃!
さらに、本場では具材もパンチェッタではなく、本場では豚のほほ肉を塩漬けにした「グアンチャーレ」を使います。
グアンチャーレは日本ではなかなか手に入りづらいためベーコンで作ったけれど、それでも本当においしかった!

・サルティンボッカ

DSC09077.jpg

牛肉薄切りに生ハムを敷き、生のセージを入れてオリーブオイルで焼いた料理です♪セージはよくハーブティーにするけれど、お肉との相性も良くてびっくり。
南ヨーロッパでは生のセージをよく使用するそうです。
とても香り高くて生のハーブを使うのもなんだかオシャレな感じがするので、おもてなしにも良さそう◎

・チョコレートサラミ

DSC09078.jpg

名前の通り、丸く整形してサラミのように輪切りにして食べるデザートです。
砕いたビスケットが中に入っていて、それがサラミの脂の部分に見えるのが面白い!
材料を混ぜて丸めるだけなので簡単に作れます。
日持ちがするので、多めに作って冷蔵庫に保存しておけば少しずつ切って食べられるのも嬉しいですよね。

▶ルカさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

アットホームな雰囲気でプロの味をマスター!ペナンパーさんのタイ料理レッスン

今回はタイ料理のホスト、ペナンパーさんのおすすめレッスンをご紹介します。

ペナンパーさんのニックネームは「プーさん」。
ご主人が日本ということもあり、タイと日本の文化の違いなども詳しいです。

2

そんなペナンパーさん、2010年からひばりヶ丘でタイ料理のレストランのオーナーシェフをしていて、とても雰囲気の良い店でテレビの出演経験もあります‍。
お店のお客さん向けにもレッスンをされています。

お店でレッスンをやるということで、家でやるようなアットホームなレッスンにならないのでは?と思うかもしれないけれど、プーさんの安心できる人柄のおかげで、すごくなごやかな雰囲気のレッスンが行われています。

お店に食べに来る人も、料理を味わいに来るのはもちろんだけどプーさんの人柄が好きな人も多いのではないかと思うくらいです!

3

レッスンでは、料理が始まる前に30分ぐらい調味料や材料の説明をする時間があります。
タイではよく使うけれど日本にはない野菜や、調味料の説明も詳しくて味見もさせてくれますよ。

また、かぼちゃをうまく煮るやり方や玉ねぎの炒め具合など、料理のコツもきちんと教えてくれるのもうれしいポイントです!

6

プーさんのレッスンは初めての人にももちろん、タイ料理を深く知りたい人や興味がある人にはすごくおすすめしたいです。

▶︎お家でレストラン。オリジナルソースから作るパッタイ&鶏肉レモンクラス香りココナッツミルクスープ&デザートのかぼちゃココナッツミルク煮

・タイ定番焼きそば「パッタイ」

1

パッタイは、お店や家庭によってソースの味が違うので、甘めだったりピリ辛だったり、味が全然違います。
ソースの中には酸味のあるフルーツ、タマリンドを必ず入れます。気になるお味は、酸味と甘み、辛味が複雑に交わった味。
レッスンではソースから作るので、お持ち帰りもできるし、家ですぐに作れます。
自分でソースが作れると、味の調節ができるので自分好みに変えられるのもうれしいポイント。

・鶏肉ココナッツミルクレモングラス香りスープ

4

日本でタイのスープというと、トムヤムクンが有名だけど「トムカーガイ」もタイではすごくポピュラー。
レモングラスやココナッツミルク、ライムを使った甘みと酸味を感じるスープで材料さえ揃えればとても簡単に作れます。

タイ料理は、酸味と甘みと辛味の3つの要素が特徴的。
もし、辛いものが苦手だったらチリソースや唐辛子を控えめにして作っても大丈夫なので、
辛さが苦手な人でも大丈夫なメニューなので安心してください。

とっても楽しいプーさんのレッスンにぜひ参加してみてくださいね♪

▶︎ペナンパーさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

テーブルコーディネートも素敵!ロミーさんの韓国料理レッスン

今回は韓国料理のホスト、ロミーさんのおすすめレッスンをご紹介します。

Tadaku歴は4年以上というベテランのロミーさん。
日本語がペラペラなうえに英語も話せるので、安心してレッスンが受けられますよ。

DSC05831

海外経験も長く、スイスでホテルマネージメントを学び、ニュージーランドのホテルでの勤務経験もあります。

料理以外にもテーブルコーディネートがすごく上手で、コンテストに出たこともあるほど!
韓国料理やテーブルコーディネートなどに興味がある方には、ぜひ参加してほしいレッスンです。

ロミーさんのレッスンのおすすめメニューを紹介しちゃいます。

▶︎韓国のおもてなし料理ジョンの物語

・青のりと海老のジョン、エゴマとイカの豆腐ジョン、ナツメの花ジョン

mail

韓国では日本でいう「チヂミ」のことを「ジョン」と呼びます。韓国でチヂミと言っても通じないこともあるのだそう。
ジョンはもともと宮廷料理で、韓国ではお祝いごとやおもてなしのときによく食べられます。
ロミーさんのレッスンでは色々な種類のジョンを作ります。大きさもいろいろで、食感や中身がそれぞれ違うから、全然飽きない!

「ナツメの花のジョン」は、甘くてデザートみたいでとっても美味しいですよ。

4

Miwaは生海苔とエビのジョンが好きです。

IMG_0759

そしてびっくりしたのが、余ったジョンは次の日お鍋に入れて食べるということ。
日本人からするとチヂミを鍋に入れるなんて意外だけれど、練り物に近い感覚ですごくおいしい!

6

韓国では辛いものが多いイメージがあるけれど、宮廷料理は唐辛子が入ってくる前から作られているので、辛いものが苦手な人も安心して食べられますよ。

辛いものは苦手だけど韓国料理が食べたい!という方にはとくにオススメしたいレッスンです。

▶︎ロミーさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから