意外な出身の野菜たち

先日中南米原産の野菜や果物を紹介しましたが、今回は中東が原産国の野菜を少し紹介したいと思います☆
意外な野菜たちが実は中東出身だったりするのです♪

まずは、サラダに欠かせないレタス

西アジアから地中海原産とされていますが、紀元前400〜500年と栽培の歴史が古く多くの変種が生まれているのだそう。
日本に渡来したのも意外に古く、中国から平安時代に伝わったと言われています。ただ、日本の食事には相性がよほど合わなかったのか、日本の食卓に並び始めるのは、昭和40年代に入ってからだそうです!!
比較的新しい野菜かと思いきや、意外に歴史の古い野菜だったんですね☆

IMG_3428

次は、日本の食事には欠かせないお野菜、にんじん。
にんじんの原産地はアフガニスタンです。その後、東西に分かれて、中国を経て安土桃山時代に日本に伝わったと言われています。にんじんは、伝わって間もなく全国的に広まり、農民たちにも食べられるようになりました。
今食べているにんじんは、明治時代になった後ヨーロッパから入ってきた新種なのだそうです。
にんじんと言えば、鮮やかなオレンジ色ですが、なんと、にんじんが、オレンジ色になったのは300年ほど前のことなのだそうです!!それまでは白、黄色、褐色のにんじんが普通のものでした。白いにんじん…小さい大根と間違えそうですね。笑

IMG_3429

お次は、今がおいしい、かぶ。
かぶはアフガニスタンあたりか、これに地中海沿岸の南ヨーロッパを加えた地域が原産地と言われています。
ヨーロッパで紀元前から栽培され、今では世界中の温帯地方で広く栽培されています。
日本には、弥生時代に大陸から伝わったといわれています。確かなのは「日本書紀」に持統天皇の7年(西暦693年)に五穀(主食)を補う作物として栽培を奨励するおふれを出したと記されているのが最初です。
日本に伝わって、すでに1,300年の長寿野菜なんですね☆

IMG_3430

最後は、鉄分たっぷりのほうれん草。ほうれん草も西アジア原産なのです。
原産地は西アジア周辺で、既に、古代ペルシャ(現在のイラン)においては栽培され、食用にしていたそうです。東へはシルクロードを経て中国へ伝わり、中国から日本に伝わったのは江戸時代初期。日本に最初に伝わったほうれん草は、葉に切れ込みのある東洋種で、明治以降に西洋種が伝わり、現在は、西洋種と東洋種の交配種が主流になっているのだそうです。

IMG_3431

この他にも、玉ねぎ、ネギ、大根など、たくさんの野菜が中東地域で生まれ、今では日本の食卓に欠かせない野菜となっています♪

「でも、中東地域の料理ってよくわからない〜」という方には、2月から新しくTadakuに参加されたパキスタン、シンド族出身のSadhana先生のレッスンをぜひチェックしてみて下さいね♪
https://www.tadaku.com/menus/2161
隣国インドとはまた違う魅力いっぱいのお料理です☆
Sadhana先生の料理教室レポートは来週日曜日にお届けします♪

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s