意外と知らない?Tadakuの使いこなし術5選まとめ

こんにちは!

突然ですが、私は皆さんにお聞きしたいことがあります。

あなたはTadakuを使いこなせてる?

はい。これです。ご存知の通り、Tadakuはただの料理教室ではありません。「外国人」が「自宅」で教える料理教室なのです。だからこそ、普通の料理教室とは違うユニークな使い方がたくさんあるってことを、私は声を大にして言いたい!ここでは皆様のニーズに合わせての新しい使い方をたっぷりとご紹介いたします。この記事を読んで「え!こんな使い方があるんだ!」という発見があれば嬉しいなと思います〜!

 

1.まずは「外国料理を楽しむ場」としてのTadaku

image

もちろん、当たり前じゃないかという感じですよね。Tadakuは料理教室ですのでまずは外国料理を楽しむ場としての役割があります。今まで食べたことのないような珍しい国の料理(モロッコ、チュニジアなど!)や、本場の家庭の味を味わうことができるのはやっぱりTadakuに参加してこそできる体験です。

spanish-food

珍しい料理だけでなく、従来から知っている料理もおすすめです。例えばスペイン料理やイタリア料理は日本にとっても浸透している料理。しかし、思い出してみてください。海外に日本の「sushi」は知れ渡っていますが、なんかちょっと違う。海外の日本食料理亭に行ったら、韓国料理が混ざっている…など。そうです!海外に浸透するにあたり、多少のアレンジが加わってしまったり、ちょっと間違って伝わってしまったり。そういうことが私たちのよく知っている外国のお料理にも起きているんです。「本場の家庭の味」はレストランでは食べられませんよ〜!

2.自宅だからこそ。「外国文化を学ぶ場」としてのTadaku

f66c2102e81326a6eaf4476fbd58a9f8bb901dc4

Tadakuのレッスンに参加した人から多くあげられるのが「ホームステイみたいだった」という感想。この理由は、やっぱり外国人のホストのお宅にお邪魔してレッスンを受けるからですよね!同じ日本に住んでいるのに、インテリアや雰囲気がどことなく外国。「この国のインテリアが好き!」なんていうこだわりがある人はその国の先生のお家のインテリアを真似してみたり、それっぽくなる家具なんかを聞いてみるのも楽しいですよ〜!

ホストに頼めば、その国の音楽なんかを流してくれることも。異国情緒あふれる音楽を聴きながら、異国の料理を食べれば、外国に飛んだような雰囲気を肌で感じることができます。

他にもホストに聞けばその国の文化のことはなんでも教えてくれます。日々の生活スタイル、乗り物、学校、仕事、恋愛観から子供のことまで。どんどん質問すればするほど、ディープな外国文化を知ることができちゃいます。笑

3.現地の言葉を体感。「語学を学ぶ、使う場」としてのTadaku

img_5891

「英語の勉強をしているけど、自分は今どれくらいのレベルなの?」「英語を実際に使ってみたい!」なんて思っている人にも、Tadakuのレッスンは一つの良い方法になるはず。語学を伸ばすのにその言語を実際に使って話してみるのはとっても効果的です。自分の英語力を伸ばしつつ、料理を学べるので時間がないけどあれもこれもやりたい…なんて欲張りさんには特にぴったりなんですよ〜!

また、これは英語に限ったことではありません。Tadakuにはいろんな国のホストがいます。ちょっとマイナーな言語でも、Tadakuのホストの中にその国の人がいるかもしれません。現地に行かずして、現地の人と交流できるのは嬉しいですよね!

4.旅に行く前・後に。「旅行をもっと楽しくするため」のTadaku

 

journey_to_ithaca_617

これまたちょっと変わった使い方。「旅」とTadakuの融合です。旅に出る前、いろいろと心配なことがあるはず。「現地タクシーに乗ってぼったくられたらどうしよう」「屋台の食べ物はお腹壊しそう…」など。ネットだけの情報だとちょっと頼りなくてそういう不安てなかなかぬぐいきれないもの。そんな時、Tadakuだったら現地に実際に行ったことがあるどころか住んでいた人のお話が聞けます。何に気をつけたほうがいいのか、どの観光地に訪れるべきなのか、相場はだいたいいくらくらいなのか。旅前に不安を払拭して、より良い旅になるはずです!

さらに行った後ももちろん使えますよ!なぜかというと、旅によって我々は「思い出」を得ます。その思い出、誰かと共有したくなりませんか。しかもちょっと話のわかる人と。そう思った時にもTadakuが役に立つんです。再びレッスンに参加してホストに聞いてもらうもよし。レッスンに参加している人に喋るもよし。自分の思い出を人に話せる場があるって、なんだか嬉しいですよね!

5.友達の輪を広げたい。「人との出会いの場」としてのTadaku

dsc01828

「初めましての人と全然話せない」という人見知りさんでも、料理という共通の話題があるので話を振りやすい。料理だけじゃなくても、ホストの人柄や、なんでその国に興味を持ったのかなど。そこから話題はたくさん膨らむはずです!通常、一回のレッスンには、5名ほどの人が一緒に参加します。多すぎず、少なすぎずのメンバー数なので、仲良くなりやすいのでは?このように新しい友達が欲しいと思っている人のニーズにも答えちゃうのがTadakuなんです。

___________

いかがでしたか?

実は筆者も旅の前準備としての利用をしたことがあるのですが、有益な情報をたくさん得ることができ、とても有意義な旅をすることができました。一石二鳥どころじゃない、一石三鳥も四鳥も可能なので自分の目的に合わせてTadakuを使ってみてくださいね!

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s