Miwaが太鼓判!大満足間違いなしのMatthewさんのレッスン

今回はオーストラリア料理のホスト、Matthew(マシュー)さんを紹介します。

家で再現できるものを教える、というポリシーを持つMatthewさんのレッスン

3

12年間、オーストラリアやヨーロッパでプロのシェフとして働いてきたMatthewさん。
ジョークが好きで話がおもしろく、Tadakuの面談では盛り上がりすぎて2時間しゃべってしまったほど。

Matthewさんは本当にクリエイティブ!写真用のミートパイに使ったのは、なんと土鍋のフタ!!!

1
▶︎オーストラリアのミートパイ!

日本では土鍋をオーブンに入れる発想はないけど、海外では、土で作られた鍋を使うことも多く、オーブン料理にもよく使われます。
それと同じようなものだと思えば納得◎
こんなふうに、専用の調理器具がなくてもうまく作れちゃうのはさすがプロ!という感じがします。

Matthewさんのレッスンは、家で再現できるものを教えるというのがポリシーなので、難しいことはしないし、手に入りやすい材料を必ず使います。
それぞれの作業の説明、なぜそれをするのかを、わかりやすく説明できるのが、Matthewさんのすごいところ。
なので、初めての人でも安心してレッスンを受けられますよ♪

レッスンではたくさん学べるのもうれしいポイント。
野菜の焼き方や油の使い方、食材の揚げ方、パイ生地の作り方、ケーキスポンジの作り方、応用が効くコツなど、幅広い知識を得られますよ。

料理をきちんと学びたくてTadakuに参加したいと思っているのなら、MatthewさんのレッスンはMiwaが太鼓判を押します!

2

オーストラリア料理と聞いて何を思い浮かべられるかと聞かれても、パッと出てこない人がほとんどかもしれません。
オーストラリアは移民の国なので、いろんな国の料理がミックスされています。
イギリスの影響が大きいけれど、インドや中東の影響も受けているので、いろんな味が楽しめる素敵な料理が多くありますよ♪

4

さらにMatthewさんは、料理が本当に大好きで、料理で人を喜ばせたい、料理の技術を人に伝えたい、というのが伝わってくる人。
レッスンは少人数だから細かく教えてもらえるし、リピーターも多く、なかには奈良から参加したという人も。

Miwaはレッスンに参加したとき、ウエルカムドリンクにちゃんと豆から挽いてくれたコーヒーが出てきて感動。
レッスン中はMatthewさんの「パイ生地には愛をこめて」「(火が通った音をさして)野菜が話しかけてくる」などの名言も飛び出てきて、とても楽しい時間を過ごせます。
今はお子さんが小さいので主夫をしているけれど、シェフ時代の裏話もすごく面白いですよ。

5

Miwaはいろんなレッスンに200回ぐらいは参加しているけれど、Matthewさんのレッスンは本当に楽しいと思う!
次は友達を誘って、プライベートで参加しようと思っているぐらいです。
千葉でちょっと遠いけれど、行くだけの価値は絶対にあります。

▶︎Matthewさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s