おいしいスリランカ料理と、色々なことが学べるMohanさんのレッスン

今回は、おいしいスリランカ料理と、それ以上に色々なことを学べるMohanさんのレッスンを紹介します。

5

▶︎【本格アーユルヴェーダ】これぞ日本の健康食!高野豆腐カレーとサツマイモカレー

手食文化について

Mohanさんはアーユルヴェーダの先生なので、レッスンで聞ける話はすごく深くて、心に響きます。
もちろん料理もおいしいので、毎回お腹も心も満たされます。

MiwaはMohanさんのレッスンに、ヨガの先生と一緒に参加したのだけれど、学びがすごくあったと言ってもらえました。

また、スリランカは手で食べる「手食(てしょく)」の文化。
Mohanさんのレッスンでも、できあがったカレーはみんなで手を使って食べます。
なぜか手で食べると、スプーンで食べるのとでは全然味が違って感じるのが本当に不思議です。

1

スリランカのカレーって、何種類かのカレーを混ぜて食べるのですが、スプーンよりも手で食べたほうが、ちょうどよく混ざるんです。
それに、手で食べると、一口分が自然と自分の体のサイズに合った量になるので、ちょうどいい量を食べられるのも素敵です。

3

手食はぜひ一度体験してみてほしいです!食べ物に対する意識が変わりますよ。

スリランカのカレーは簡単に作れる!

スリランカのカレーは、それぞれの素材の味を大切にしています。
スパイスの味はもちろんするけれど、素材の味がきちんと生きているんです。

Miwaのオススメはさつまいもカレー!
ほっこり感やまろやかさがすべて引き出されて、さつまいもそのものが美味しく感じるし、
スパイスがさつまいものなどの素材の味を、しっかり引き出しています。
キャベツも青臭さがまったくなく、しゃっきり感やみずみずしさが増します◎

6

また、日本では煮物に入れることが多い高野豆腐を入れるのですが、またこれがおいしい。

レシピはとてもシンプル。作るのはすごく簡単で、1時間ぐらいでできちゃいます。
それなのに、なんでこんなにおいしくなるの?といつも不思議です…。

4

Mohanさんはレシピをくれるけれど、レシピ通りじゃない、自分のレシピを見つけてくださいと必ず言われます。
レシピをベースにして、いろいろ試してみてほしいとのこと。

そうやって見つけた自分のレシピの味は、体が求めているものなんだそうです。
それは日によっても変わるので、自分の好きな味・心地いい味が何なのかを、常に意識し生活すると、食に対する感度が高くなります。
MiwaもMohanさんの教室に行き始めて、生活が丁寧になったなと感じています。

2

Mohanさんのレッスンは、きっと良い経験になると思うのでぜひ興味がある人は参加してみてください。

▶︎Mohanさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

Massimoさんの、春を感じるイタリアン

今回は、イタリア料理のホストMassimoさんのレッスンで食べられる、春を感じるイタリアンを紹介します♪

▶︎春香るアクアパッツァ!

01

オレッキエッテは、パスタマシーンなどを使わずに、簡単に作れる生パスタです。
手でこねて伸ばして、ナイフで成形するので、めんぼうも不要!

02

パスタを作ると聞くとパスタマシーンが必要で、けっこう大掛かりというイメージがあり、ハードルも高く感じますよね。
でもオレッキエッテは、自宅にあるような普通のキッチンで、特別な機械がなくても作ることができる生パスタ ◎
イタリアのお母さんたちは、「今日は暇だから作ろうかな〜」というノリで、テレビとか見ながら、オレッキエッテを作るのだそうです。

03

そしてうれしいのは、簡単に作れるのに、生パスタだからやっぱりおいしい!ということ。
生パスタはパスタそのものがおいしいので、ソースがシンプルでも大丈夫。

レッスンでは、クタクタに煮た菜の花とオリーブオイルに塩とガーリック、唐辛子だけで味付けして炒めただけでとてもシンプルだけれど、これがすごくおいしい!

05

イタリア料理って、実は材料がすごくシンプル。
このアスパラガス目玉焼き乗せは、アスパラと卵とバター、オリーブオイル、チーズだけで、アスパラそのものの味を味わえる、春を感じる料理です。

これだけの材料で、こんなにおいしくなるんだ!とびっくりしますよ。
このように目玉焼きが乗った料理は、ビスマルクと呼ばれています。
その由来は、卵が大好きなドイツのビスマルク宰相のために作られたからだとか。
そういう歴史的なエピソードを聞くのも面白いので、何か気になることがあれば聞いてみてくださいね。

04

さらにアクアパッツァは、衝撃的なぐらいおいしい!今まで食べてたアクアパッツァのなかで、ダントツで一番おいしい。

Miwaはこのレッスンに参加したとき、すでに前菜とパスタを食べた後でお腹がいっぱいだったけれど、それでも食べられちゃうほどおいしさ。

レッスンではお魚丸ごとじゃなくて、おろしたアジを使いました。
丸ごとの魚じゃないから作りやすいし、レシピもすごく簡単 。

06

目と舌で楽しめる、おすすめのレッスンです♪

▶︎Massimoさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

海外で使われている意外な食材「カラスミ」

今回は、海外で使われている意外な食材として、『カラスミ』を紹介します♪
イタリア料理を学べるFilomenaさんのレッスンでは、カラスミのリングイネ(太めのパスタ)が食べられます。

0F20C947-E48C-47FC-969F-70BA21ACA746

▶︎からすみのリングイネ!

日本ではおつまみとして食べられているカラスミ。
Miwaは最初、日本人を意識して日本の食材を取り入れてくれたのかな?と思っていたら、実はイタリアでもよく食べると聞いてびっくり!

04F08E3D-B068-4986-B8F5-226136D8A6B2

日本と同じで、そのままおつまみにすることもあるけれど、パスタに入れることが多く、とにかくパスタにすごくよく合うのです。
カラスミは濃厚な味だけれど、オリーブオイルをつかっているせいか、スルスルと食べられます。

DSC00850

こういう半乾燥させた保存食は、世界中に色々な種類があるけれど、クセが強くて外国人には食べにくいようなものもあります。

イタリアのカラスミの使い方は日本とは少し違うけれど、日本人はもともとカラスミに馴染みがあり、すごく食べやすいのでおすすめです◎

▶︎Filomenaさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから