【魅惑のギニア】おもしろスス語と日本人にとっても合うギニア料理!

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人ホストのご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、
たくさんお話しする、ついでにホストと仲良くなる。そんな体験を提供するマッチングサイトです。今回私がお邪魔したのはこちらのレッスン!

西アフリカ・ギニアの家庭料理

(https://www.tadaku.com/menus/3481)

前回のモロッコ料理教室に続き、今回もワクワクが止まりません!

ギニアって? (外務省 ギニア基礎データより抜粋 )

西アフリカの海に面する国!
人口:1170万人
言葉:部族の言葉(プル、マリンケ、スースー語など)とフランス語
通貨:ギニア・フラン。最近はインフレが進み10000ギニアフランで数百円程度。
宗教:イスラム教、キリスト教、伝統的宗教
主食:米、キャッサバ芋 ・・・・・・ギニア、イメージが全くつかめません。

Guinee_Fouta_Djalon_Doucky

ギニアの子供達 By Haypo – Cette photo a été prise par Michel Tendil qui a accepté de la diffuser sous licence libre. Voir le site Internet de Yannick Michelat d’où provient la photo., CC BY-SA 2.0 fr, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=757031

とりあえず料理教室開始!メニューはこちら!

  • カンシーバンテュイ (魚団子のピーナツバターシチュー)
  • おくらライス
  • トゲ (マメと魚のトマト煮込みサラダ)
  • ビサップシャーベット (ハイビスカスのシャーベット)
  • ジンジャーティー

 

カンシーバンテュイ から!
魚をさばいて、細かく切って、…臼?!
ギニアの家庭ではこの臼に材料を入れて潰し混ぜるのは毎日の日常風景。
LaouLaouさん: ドゴドゴドゴゴゴゴ!!!!!
私: ドカッ..ドカッ..ドカッ…

LaouLaouさん: ドゴドゴドゴゴゴゴ!!!!!
勢いがすごいLaouLaou先生。ご自宅が軽く揺れます。

IMG_8263

ドゴドゴドゴ!!

 

よくすりつぶした後、団子を丸め火にかけます。

カンシーバンテュイとトゲの材料を各お鍋に投入したところでLAOULAOUさんのMUSIC TIME!!!

IMG_8264

ンゴニを演奏するLaouLaouさん。お箏のような繊細な音のする楽器でした

ンゴニという楽器を演奏し歌いながら料理の火加減を見るLaouLaouさん。

このまん丸はひょうたんからできているんだとか。
(ンゴロンゴロ以来の”ン”ワード!笑)

生演奏を聴きながら、シチューとトゲを煮詰めて完成!

IMG_8266

完成です!!

知って驚き、食べて楽しいギニア料理

ギニア料理の魅力その1
大皿でみんなでワイワイ食べるからなんだか楽しい!
まず、小分けにして食べるということはないとのこと。
ごはんができるとみんなお皿に集まり手で食べちゃいます。

ギニア料理の魅力その2
煮込み料理が大半でまず旅行中に食あたりしない!!!
水道水も生で飲んでも平気!

奥様:まあ、水は一度お腹を下せばそれ以後は平気♪

一同:…え。(聞かなかったことにしましょう。)

ギニア料理の魅力その3
日本人の口にすごく合う!!!
米・豆・魚をたくさん食べるので、なんといっても米食文化の日本人にとっては嬉しいです。

IMG_8272


LaouLaouさん!ギニアについてもっと聞かせてください!

お札の絵は女の子! カラフルでかわいいギニア・フラン

IMG_8275

LaouLaouさんから見せていただいたギニア・フラン 女の子がお札の顔だなんて素敵!

IMG_8276

こっちもお札には女の子が…笑顔がかわいい!

日本人なら覚えやすい?スス語講座!

猫:にゃーりー

犬:バーリ

ありがとう:イヌワリ

にゃーりー…
なにこれかわいい。猫っぽさが単語から滲み出ています!
(でもギニアでは猫は虫けら扱いらしい・・・ショック)
バーリ
にゃーりーとは打って変わってそんなに犬っぽくない!(ちぇっ)

イヌワリ
こっちの方が犬っぽいです!
ありがとうっイヌワリっ

次は1~10までスースー語で数えてみた

1:きりん
2:ふぃりん
3:サghaん
4:な~に?
5:スリッ!!
6:セんに
7:そろふぇれ〜
8:するまサghaん
9:それはなに~?
10:ふっ!(合掌)

な〜に?
スリッ!

それはなに〜?
ふっ(手をあわせる)

本当にこう聞こえるので次にレッスンを受けられる方はぜひLaouLaou先生に聞いてみましょう♪

他にも紹介したいギニアの知られざる魅力についてたくさんお話しいただきました!
実際に料理を食べながら写真やお話しを聞くとよりギニアに対するイメージが膨らんで、今回もまたギニアがグっと近くなりました。

IMG_8279

ギニアへ太鼓やダンスを習いに行こうと考えているかたにもこちらのTadaku教室は朗報です。LaouLaouさんはプロのパーカッション奏者!ギニアでも日本人向けにレクチャーをしていらっしゃるので、音楽好き、ダンス好き、料理好き、誰でも楽しめる料理教室です!

今回のレッスンはこちらから予約できます。

~Fatima先生 体験レポート~

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人ホストのご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、たくさんお話しする、ついでにホストと仲良くなる。そんな体験を提供するマッチングサイト!

今回筆者が予約したのはこのレッスン!

モロッコの渦巻きパイと自家製オリーブ作り 

(https://www.tadaku.com/menus/3011)

Fatima先生宅へ向かう

最寄り駅を降りて、地図を見ながらご自宅へ。

一見普通の住宅地にモロッコな世界が果たしてあるのかドキドキです。

IMG_8108.jpg

ご自宅にお邪魔する

玄関のベルを鳴らすと笑顔でFatima先生がお出迎え。1歩入れば家具や内装がまるで外国。タジン鍋たくさん!異国感満載!iPhoneのシャッター音が鳴りやみません!

FullSizeRender 4.jpg

とりあえずおしゃべり

参加者が全員揃ったところでFatima先生特製のモロッコのスパイスを効かせたコーヒーをいただきながら、団欒タイム。まずはモロッコという国とモロッコ人について先生の軽快なトークで解説していただきました

モロッコへのイメージを十分膨らましたところで料理教室スタート!


本日のメニューは
-モロッコのオリーブのピックルス
-ハリラスープ
-野菜のタジン
-モロッコの渦巻きミートパイ
-アーモンドクッキー

料理教室自体初体験の筆者、料理初心者で手際の悪い筆者、5品目も作れるの、と早速不安です。

モロッコのオリーブのピックルズをつくっていきます。

塩レモン、クミン、タイム…いろいろなスパイスを混ぜこみます。

塩レモン:塩に漬け込んだレモンをモロッコ料理では頻繁に使うようで、各家庭ごとに沢山漬けて保存しているそうです。しょっぱくてレモンのいい香り!

スパイスごとに匂いを嗅がせてくれたり味見をさせてくれながらレッスンは進んでいきます。

IMG_8113.jpg

ハリラスープ

トマトの赤みでうすらオレンジなスープ。トロッとしていてカレーのような舌触り!独特なスパイスとハーブの混ざった匂いが、まさに外国!キッチンのタイルはモロッコからスーツケースに詰めて持ち帰ってきたそう!今回はツボに入れます。トマトはトマトジュースでも代用していいとのことで、料理下手な筆者でもこれは気軽にできそうです。IMG_8129.jpg

モロッコの渦巻きミートパイ

ミートパイと言っても、野菜たっぷりでヘルシー!それに巻き方が面白い!目が回りそうでした。

IMG_8155.GIF

フライパンひとつで焼けてしまうのでとっても簡単!中身も好きな野菜や肉を入れて良いということなのでぜひ今すぐにチャレンジしたい一品です。

野菜のタジン

タジン鍋に野菜を敷き詰め、スパイスで味付けをして蓋をしてじっくり火にかけるのみ!

野菜の水分だけで野菜が甘くトロトロに。野菜だけでこんなにボリューミーなメニューができるだなんて、タジン鍋の実力を思い知りました。

 

IMG_8127.jpg

 

アーモンドクッキー

バターは生地の1割未満。なのに中はしっとり、外は香ばしいアーモンドの香りがするクッキーの完成。Fatima先生が淹れてくださったミントティーにとっても合いました。

IMG_8136.jpg


モロッコ料理の真髄は家庭のキッチンにあり?

同じ料理でも各地域・家庭ごとにスパイスの配分や具材が全然異なるようで、日本でも地域ごとに調味料の配分が違うように多様で繊細なモロッコ料理の世界が広がっているようです。

Fatima先生、計量は滅多にしないそうです。(今回は私たち参加者のために計量してくれました)

なんと、外食へ行くのは、モロッコの女性にとっては恥らしく、自宅で美味しい料理を一人前に作れるように女子は若いうちから徹底的にお母様に鍛えられるのだとか。Fatima先生も10歳からパン生地をこねていたそうです。

Fatima先生は実は魔女?

Fatima先生は美容専用のオイルやバラ水など自分で調合して作ってしまうらしい…。今回のメインは料理教室でしたが、合間にいろんな知恵を教わりました。美眉を作るにはオイル&ニンニクが効果テキメンらしいですよ…! 詳しくはFatima先生に!

IMG_8140.jpg

まとめ

このレッスンでモロッコがグッと精神的に近くなりました!

料理初心者の筆者みたいな方にも、料理に磨きをかけたい方にも、料理より単純に外国の家庭料理を食べてみたい方にも、とりあえず異文化交流してみたい方にも、Tadakuのサービスは魅力的です。

また、異文化交流だけでなく、先生のキッチンのつかい方や、テーブルセッティング、お部屋のコーディネート、流す音楽、先生の子育て経験、全てが参考になりました!

以上、モロッコ料理体験レポートでした。

今回と同じレッスンはこちらから予約できます!