リアルなインドを感じよう!

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人のご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、お話して。新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けするマッチングサイト!


こんにちは!

TadakuKodaiです。早くも2回目の投稿です!よろしくお願い致します。

本日も料理と国際交流の楽しさを伝えるべく、レッスンを紹介していきたいと思います。

今回紹介させて頂く料理はズバリッ・・・!「インド料理」です!

私事ではありますが、小さい頃に3年間パキスタンに住んでいたことがあり、

お隣のインドにも遊びに行ったことがあるのでインド料理と聞くととてもテンションが上がります↑↑

さて、昔のことを思い出しながら恵比寿駅から10分ほど歩くと、

あっという間に本日のホストであるSanoberさんのお家に着きました。

中に入ると・・・

そこにはとってもオシャレな空間が広がっていました!

Sanoberさんはとても明るい女性で、言うまでもありませんが女子力がとても高くTadakuの料理教室のために手の込んだデコレーションまでしてくれていました!また金融関係の会社で働いていたとのエピソードもお話ししてくれて非常に知的な感じが伝わってきました。

Tadakuとしても嬉しいばかりでございます!

では、早速料理にとりかかります。

1つ目の料理は、インドの「エビカレー」

3種類ほどのスパイス、玉ねぎ、などでシンプルに味をつけてココナッツミルクとエビと一緒に炒めると完成。

日本食といえばお寿司!と外国から思われがちなのと一緒で、実はインドでもドライカレーだけでなくこのようなさらっとしたカレーだって普通に存在するそうです。

また、Sanoberさんの住んでいるインドの西の海岸の方では海鮮料理が非常に有名でフレッシュな食材が手に入りやすいと嬉しそうに語っていました。

実際に食べてみると、コクがあるのになぜかあっさりとした味になっていて制限がなければいつまでも食べていられると思うほどにおいしかったです。

さて2つ目は、「揚げサバ」

こちらも3種類ほどのスパイスを加えたのちフライパンに油を入れてサッとさばを揚げたものです。

インドでは日本のようにサバが解体されて骨が取られ、食べやすくなってはいないので丸ごと揚げてから切って食べやすくするそうなのですが、日本ではなかなか丸ごと売っていないので今回は日本人がいつも食べているサバで作りました。

口の中に広がるサバのヘルシーな油と、スパイスが最高にマッチし食欲をそそります。

夏バテ対策にも有効かもしれません!

3つ目は「バクリ」

バクリやナンやチャパティーはご存知の通り、パン粉やお米の粉を水と混ぜ平たく伸ばし、焼き上げたもの。

しかし実際に作るとなるといったいどう作るのでしょうか?

今回、Sanoberさんのレッスンで、実際にバクリをつくってみました。

お米の粉と水を混ぜ、手にくっつかないよう油や小麦を使って生地を平たく伸ばしていきます。

そして記事を伸ばす専用の道具を使って丁寧に伸ばしフライパンに乗せるのですがこの作業が非常に難しいんです!

僕も何度か挑戦したのですが、本当に難しくてなんどもやり直してしまいました。

しかし最終的になんとか及第点をあげられるものが完成し、とても嬉しかったです!

レッスンに今後参加するみなさんもぜひこの達成感の味わってほしいです!

4つ目の料理は「ナスのスパイス炒め」

こちらはベジタリアン向けの一品だそうです。見た目ほどパサパサとした感じはなく、ナスのジューシーな食感とスパイスの効いた具材が見事に絡み合っていてご飯が欲しくなるような味でした。

さて、全部の料理が揃ったところでみんなで盛り付けをし、Sanoberさん特製のインドのお飲み物を加え、食卓へと移動しました!

バクリをおかずと一緒にいただき、本場のインドを感じました。

みなさんもインド料理が食べたくなったのではないでしょうか?

インド料理が食べたい方、インドについて知りたい方、英語が話したい方にはSanoberさんのレッスンはピッタリです!

Sanoberさんのレッスンに参加したい方はこちらから。

手で食べる!マレーシア料理入門!

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人のご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、お話して。新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けするマッチングサイト!

こんにちは!

今回初めてブログを執筆させていただく Kodai です。宜しくお願い致します。

レッスンの内容と簡単な料理の説明をしながら、異国の人同士が料理でつながる楽しさを伝えていけたらな、と思っております。

私自身初めてのレッスンで6月下旬、マレーシアの離島の生まれというFarrahさんのご自宅にお邪魔しました。

現在は日本の大学の院で国際政治のお勉強をされていると聞きました。とても元気で優しいのでどんな方とでも仲良くなれる明るいキャラクターです!

さて今回はマレーシアで親戚同士で集まった時や、イベントのある特別な日にみんなで食べる料理「Rendang(レンダン)」をメインに4種類の料理を紹介してもらいました。

初めてのレッスンに胸を躍らせながら家にお邪魔するとさすがFarrahさん!

なんとパワーポイントを使ってマレーシアについてのプレゼンテーションをしてくれました。

地域によって料理の辛さが微妙に異なることを説明してくれたり、家族の結婚式の時の写真を見せながら正式な場でのマレーシアならではの服装を紹介してくれるなど、聞いててワクワクするような内容でした。

 

プレゼンテーションでマレーシアについて学んだところで、早速料理に取りかかりました。

 

まずはメインの「Rendang(レンダン)」

マレーシア料理といえば料理に入っているスパイスの種類が豊富だそうです。ターメリックリーフ(ウコンの葉)、レモングラス、生姜、ニンニク、玉ねぎなど香りの強い食材を合計で10種類ほどミキサーにかけ、ココナッツミルクと水を入れてグツグツと弱火でゆっくり煮込みます。Farrahさんによると多少分量にムラがあっても最終的に水分がほとんど飛ぶまで煮込むので失敗することはまずないそうです。そして30分ほど煮込んで水分も飛んだところで、前もって軽く揚げた骨つきのチキンを入れてチキンの形を崩さないよう気をつけながら煮込んでできたソースと絡めると完成です!

 

スパイスの香りがチキンにしっかりと絡みついていて、クセになる味でした。

 

 

さて、2品目は「Cucur Udang」です。こちらはマレーシアでは非常にポピュラーな料理で、日本料理でいうとかき揚げにあたります。

小麦粉にもやし、玉ねぎ、ニラ、さらに先ほども登場したターメリックリーフ(ウコンの葉)と水を入れスプーンを使ってよくかき混ぜます。また、手でかき混ぜてしまうと手の熱で野菜のシャキシャキ感かなくなってしまうことがあるのでスプーンで混ぜたほうが良いそうです!フライパンにある程度まで油を入れ、少しずつ分けて投入していき、両面がしっかりと揚がれば完成です。写真がこちら。

 

 

口の中に入れるとフワッとスパイスの味が広がり、ケチャップとマヨネーズとの相性も抜群です!

 

3品めは「Acar Timun Nenas」

千切りにした野菜とパイナップルをお酢とレモン汁、塩、砂糖で味付けをしあえると完成という非常にシンプルな一品です。

味はさっぱりしていて非常に食べやすく前菜にピッタリ。

 

最後にデザート「Pengat Pisang」

ココナッツミルクの中に、バナナ、黒糖、タピオカを入れて10分ほど煮込み、器に移して冷蔵庫で冷やすと完成!

 

 

口にするとバターのようなコクのある美味しさが広がりFarrahさんオススメのマレーシアの紅茶との相性も完璧でした。

 

マレーシアにいるような錯覚に陥った私たちは暖かい食卓を囲い、自然とチキンとごはんを右手で口に運んでいました。

手で食べるのは思いのほか難しく、ぎこちなく料理を食べる私たちを見てFarrahさんも優しく微笑んでいました。

 

 

さて、マレーシア料理といってもピンとこない方が大半だったと思いますが今回のレッスンの様子をご覧いただいて前よりはマレーシア料理に興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際私もマレーシア料理に関する知識はほとんどないままレッスンを受けさせていただきましたが、Farrahさんのわかりやすい説明でマレーシアについて知ることができました。

また、英語と日本語を交えながら一生懸命料理の説明をしてくださったFarrahさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

Farrahさん のレッスンに参加したい方はこちらから。