東京でイタリアンが食べたくなったらここ!

Tadakuとは?
日本に暮らす外国人のご自宅にお邪魔して、少人数で料理を作って、食べて、話して。
新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けする料理教室です!


Tadakuのスタッフさかいより、レッスン体験レポートをお届けします。

今回は、イタリア出身のFilomenaさんのレッスンに行ってきました!
お家はアクセス抜群の品川です。
入った瞬間びっくり、とっても広いお家にセンスの良いインテリアの数々!
旅行が好きだというFilomenaさんのお家は、様々な国で購入された素敵な食器や家具に囲まれ、お家の中でまるで旅行をしている気分でした🌏

しかしFilomenaさんのレッスンはおしゃれな空間で行われるも、自宅で作るときとかなり同じ空気感。
3品のお料理を手際よく同時進行で作りながら、途中で手が空けば一緒にお皿も洗いながら。
料理をする中でどうしても残ってしまう卵白や切れ端などの余り物も、上手な使い方を教えてくれます。

Filomenaさんは調理道具や調味料をたくさんお持ちですが、同時に代用品も細かく教えてくださるので自宅でも再現しようという気がめきめき湧いてきます。
DSC05190

まず1品目は、ほうれん草のラビオリ トマトソースがけ🍅
ラビオリとはパスタ生地の中に肉や魚、野菜やチーズを詰めて茹で、ソースをかけていただくお料理。
今回は、中に詰めるリコッタチーズの作り方も教えていただきました!
お店で買うとお高いリコッタチーズ、Filomenaさんのレシピだとわずか10分でお得に完成しました!
DSC05217

2品目は牛肉とツナの前菜🐮
牛肉と野菜をじっくり煮込みながら、手際よく進めていきます。
初めてマヨネーズを作りましたが、これが意外と簡単!フレッシュで良い香りがします。
私、マヨネーズがあまり好きでなかったのですが、これを機にはまってしまいそうです…!
DSC05186

3品目はイチゴのパンナコッタ🍓
こんなに美味しいパンナコッタがこんなに簡単に作れるなんて!
ついついお代わりまでいただいてしまいました。
イタリアでよく飲まれるという、濃厚なナポリスタイルのコーヒーも一緒にいただきました☕
DSC05222

Filomenaさんとの共通言語は英語でした。ちゃんとやっていけるだろうか…と正直最初は不安でしたが、食について、文化について、話はとーーっても弾み、全く想像できなかったほど良い1日になりました。
気さくでユーモアに溢れる素敵な方で、Tadakuのレッスンで出会う人たちと一緒に作って、食べることが大好きだそうです!
イタリア語の先生をしていたというFilomenaさん、教え方もとってもお上手でした。

▼Filomenaさんのレッスンはこちら!🍅▼
イタリア ナポリのラビオリトマトソースとパンナコッタ!
イタリアンのお魚フルコース!

「Tadakuスタッフのおすすめレッスン!」

レッスンの種類がありすぎて選べない…そんな方に!
Tadakuのいちユーザーでもあるスタッフが、東京都で開催されるおすすめレッスンをホストとともにご紹介します!
次回レッスン選びの参考になさってみてください✨
(本当はもーーっと沢山ご紹介したいのですが…今回はまずこの5人をご紹介します!)


◼【フランス】 Olivierさん @桜新町
olivier
フランスのレストランで生まれたというOlivierさんの料理の腕前は確かなもの。
普段はアーティストやフォトグラファーのお仕事をされていて、センスも抜群です✨
そんなOlivierさんはTadakuのレッスン開催を毎回大変楽しみにしているそうです。
敷居の高そうなフレンチですが、そんな誤解も解きながら素敵な空間でお料理を教えてくださいます!

Bistrot en été / アペロを楽しむ! 夏のビストロ料理
Côtes de Normandie ノルマンディの海岸
Parisian brunch / パリのブランチ【英語】

◼【ブルガリア】Lyudmiaさん @獨協大学前
Lyudmia
ふんわりとした柔らかい雰囲気のLyudmiaさん。
スタッフのイメージは「人を迎えることが大好きな素敵なおばちゃん」だそうです。
食器集めや刺繍が趣味のLyudmiaさんの可愛らしいお家で、ゆるりとした日曜日を過ごしてみませんか?

冬の定番ブルガリア温かメニュー!

◼【アルジェリア】 Lamoさん @西巣鴨
lamo
Lamoさんは、「アフリカにありイスラム圏の国というだけで、ネガティブなイメージを持たれがちなアルジェリアのイメージを変えたい」という思いでTadakuでレッスンをしてくださっています。
日本から遠い国ですが、東京でアルジェリアの料理や文化にどっぷり浸かれる環境を提供してくださいます✨
Lamoさんのクスクス(粒状のパスタに煮込んだ肉や魚、野菜を合わせたもの)は信じられないくらいの絶品!

【食べる専門】アルジェリア春のメニュー
【食べる専門】アルジェリアのクスクスとクッキー2種類
Ramadan menu

◼【インド】 Aishwaryaさん @都庁前
aishwarya
フレンドリーで、何よりも料理が美味しく、何度も何度も通う方が多くいます。
日本のインド料理レストランでいただいている料理の多くは北インド料理で、こってり濃厚なお味が特徴です。
一方、Aishwaryaさん出身の南インドはあっさりとしたお味が特徴で、食べてみると日本人は意外と南インドのお味にハマる人も多いそう…!

南インドのチェティナード地方ベジタリアン料理
【英語初心者限定】インド南東アーンドラ地方のランチ
【食べる専門】インドのゴアスタイルチキンカレー

◼【インドネシア】Ernaさん @久米川
elna
あたたかくキュートな笑顔に、ホスピタリティ溢れる人柄が現れている、Ernaさん!
Ernaさんは日本で母国の料理が食べたくなった時に、レストランでは本場の味は食べられないと気づき、インドネシアのお母さまに電話しながら本場の味を追求してきたそうです。
Ernaさんのレッスン「インドネシアの家庭料理決定版!」でインドネシア料理が大好きになりました!

【食べる専門】インドネシアの家庭料理決定版!
【食べる専門】インドネシアで一番食べられている「鶏」を使った料理

以上、スタッフが自信を持っておすすめするレッスンでした!

アフリカの魅惑!ジンバブエ!

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人のご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、お話して。新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けするマッチングサイト!


こんにちは!今回私はジンバブエ料理のレッスンに参加させて頂きました!

ジンバブエはアフリカ南部に位置する国で、

Victoria Fallsという世界遺産の滝があることで有名です!

スクリーンショット 2016-09-01 9.59.10  Google Map

そんなジンバブエの本場の料理を教えて下さるのは、Faithさん!

サムライや芸者がお好きだというFaithさん、

もう約5年も日本に住んでらっしゃるそうです!

DSC01713

 

早速登場したのは、ジンバブエでポピュラーなお茶!

このティーパックを鍋で煮出していきます。

DSC01542

ミルクとの相性抜群!ということで牛乳を加えて…

DSC01550

少し冷ましてから頂きます!

このミルクティ、コクがあるけれど飲みやすい!!

思わず何杯もおかわりしてしまいました….

DSC01555

 

続いて、玉ねぎ、人参、じゃがいもなどのたっぷりのお野菜とお肉を一緒に煮込んでいきます!

DSC01564

最後にみんなで剥いたゆで卵を加えて…

DSC01612

Curry Mixの出来上がりです!

このカレー、じっくり火にかけられているので、野菜もお肉も柔らかい!!

トマト風味の煮物のような味わい。思わずほっとしてしまうようなお料理でした!

DSC01663

 

次のお料理はジンバブエ料理で欠かせない品!

DSC01709

コーンミールに水を加えてかき混ぜていきます。

DSC01730

混ぜれば混ぜる程、コーンスターチが重くなるのでかなり力が必要になってきます!!

Faithさんにやり方を教わりながらみんなで挑戦!

DSC01738

カレーと同様じっくり煮込んだMeat and Vegetablesと共に頂きます!

・Sadza (左)とMeat and Vegetables(右)

Sadzaはさらさらの粉状コーンミールから作られたとは思えない程、

弾力があって、お肉お野菜と食べるととても良いバランス!

Meat and Vegetablesにはマトンが入っているのですが、

羊の臭みが消えているので、匂いが苦手な方でもぺろっと食べられる味だと思います!

DSC01750

乾杯〜!!

DSC01757

料理前、料理中、食事中、Faithさんはジンバブエについてたくさん教えて下さいました!

その一部を少しご紹介させて頂きます!

ジンバブエで有名なスポーツはなんと、”クリケット”!

女性版バスケットボールとして広く親しまれているそうです。

 

締めのデザートはPumpkin dessert。

程よい甘みが口の中に広がります…!!

DSC01778

DSC01787

素敵なレッスンを有難うございました!!!

Faithさんのレッスンに参加したい方はこちらから。