お相撲が大好きで日本語がペラペラのAmyaさんのレッスン

 

DSC_0218

TadakuのMiwaによるホスト紹介✨

今回は、アメリカ料理のAmya(アミア)さん

レッスン申し込みにあと一歩踏み出せない方やアメリカに興味がある方必見

Amyaさんは、18歳までお父さんの仕事の関係で日本で暮らしていたということもあり、バイリンガルで日本語がペラペラ。その後アメリカに帰って、アメリカの大学を卒業して働いていたけど、2011年の震災がきっかけで、以前住んでいた日本の役に立ちたい!と来日しました。

Amyaさんのご主人はアメリカ人で、日本についてきてくれたんだそうです。アメリカやヨーロッパの人は奥さんのキャリアチェンジに旦那さんがついてく、というのが結構あるのだとか。

もともとはフィクサーという、問題解決やコーディネートをする仕事をしていたAmyaさん。最初はボランティアをしていたけど、フィクサーをしていた経験を生かして、陸前高田市と協力して、政府から資金援助をしてもらうための交渉の前線に立ったりしたこともあるのだそうです。

もともとお料理が大好きで、アメリカにはいろんなパイがあるけど、日本ではあまりパイを食べる機会がないのでぜひやろう!と思い、去年の終わりぐらいにキャリアチェンジして、パイを作って売り始めました。

DSC_0445

そんなAmyaさん、日本には長く住んでいるけど、意外とあまりそれを感じさせないザ・アメリカ人!て感じの、とにかく明るくて楽しい人です。

さらに日本の文化や着物が好きで、帯を部屋に飾っているのだそう!その中でも特にお相撲が大好きで、力士のことをまるでアイドルでも見るかのように熱く語ってくれます。

話題も豊富なので、レッスンは、おしゃべりが弾むこと間違いなしです。

Amyaさんのレッスンは特に「外国の料理や文化に興味がありTadakuに登録したけど、英語があまり得意じゃなくてレッスンに参加しづらいな~」なんて思っている方にはおすすめ。日本語で大丈夫だし、日本の居住歴が長いので日本人のことをよくわかってくれているから、レッスンは大好評だし本当に楽しめます!

DSC_0185

自宅も日本のものが飾ってあるけれど、どことなく外国の雰囲気が味わえますよ。アメリカの料理はとてもシンプルで、食材もネットなら絶対に見つかります!

アメリカは歴史的にいろんな国の人がいるので、イタリアやメキシコなどのいろいろな食文化がミックスされていて面白いんです。ミートボールスパゲッティも、イタリアではなくアメリカで作り出されたもの。

本場の料理とはまた少し違うけど、食材や調理方法が独自にアレンジされていて、まさにいいとこ取りです。もし、アメリカ料理はあまり美味しくなさそうというイメージを持っているなら、そのイメージが覆されるレッスンになります。

DSC_0301

Amyaさんは料理のバリエーションも多いのでいろんな料理を味わえるし、レッスンを通して新しい発見をするきっかけにもなると思います。

さらに、アメリカに旅行や留学をしたいと思っている人にもぜひ、おすすめしたいレッスンです。アメリカって意外と観光地以外の情報が少ないので、Amyaさんからアメリカの情報や生の声を色々聞くことができます。

アクセスも渋谷から5分ぐらいだし、駅から徒歩数分の便利な場所!

あと一歩が踏み出せない方!ぜひ一度参加してみてくださいね♪

▶︎Amyaさんのレッスンはこちらから

アメリカの料理は “ 意外とヘルシーだった!?”

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人のご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、お話して。新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けするマッチングサイト!


 

こんにちは!

初めまして、今回このブログを執筆させていただく  daichi  です。

私は4月下旬に、アメリカ・カルフォニア出身の新しいホスト “  Geneeさん ” の料理教室に行ってきました。

 

 

 

このレポートでは、アメリカ・カルフォニア出身のGenneさんの郷土料理を通して、皆さんに「アメリカの 新たな一面  」を知っていただければなと思っています。

 

それではGeneeさんのご自宅へ〜

 

到着してGeneeさんのご自宅に入り、まずは「自己紹介タイム

そして簡単にお互いのことを知った後は「Genneさんのご自宅を探検!

お部屋や、バルコニーを見せていただいたのですが「ここはアメリカか!?」と錯覚してしまいます。寝室のベットがアメリカンサイズであったり、さらにバルコニーには ” マシュマロを焼くのため ” の大きなコンロが!!

 

 

つづいて、今回作る「料理の説明

この説明の中では、Geneeさんが ” 実際に自国で使っていた ” 食べ物や調味料を教えてくださいました。

では、さっそく 料理開始!!

 

料理をしていると、アメリカンスタイルの調理器具など、色々なところから アメリカの文化を発見する ことができます。
今回特に発見して驚いた文化は、アメリカの料理に使われていた野菜や果物の量やバラエティーでした。ミートローフには、オレンジ・緑・黄・赤パプリカのカラフルな「野菜」、アンブロシア・サラダには、イチゴ・パイナップル・バナナ・レモン・ココナッツなど様々な「フルーツ」が使われていました。そして、にんじんのグラッセには、 一人一本のにんじんが!!
僕自身こんなに色々で大量の野菜や果物を使ったのは、初めの経験 でした!

 

途中の休憩では、” メキシコ国内ナンバー1のビール ” と ” ナチョスとGeeneさん自家製のナチョスソース ” で 乾パーイ

 

最後はミートローフに味付けをして  「料理完成!!

今回私たちが作った料理はこちら↓↓

1. オールド・ファッションミートローフ(old fashion meatloaf)

 

2. ラスティック・マッシュドポテト(rustic mashed potatoes)

 

3. グレイズ・キャロット(glazed carrots)

 

4. アンブロシア・サラダ(ambrosia salad)

 

最後に、お皿に料理を盛り付けて、、、

い  た  だ  き  ま  ~  す  ! 

 

「このレポートを読んでみて、いかがでしたでしょうか?」

様々な感想があると思うのですが、少なくともアメリカの料理って肉だけではなく「いろいろな野菜や果物が使われているんだ!」と知っていただけたのでは。

僕はGenneさんの料理教室を通して日本に居ながらにしてこのように外国の雰囲気が味わえました。
一緒に料理をして、その国の文化に触れ、新たな発見をする ことができました。

 

ぜひ皆さんも、” 様々な国の料理教室 ” で、” 新たな体験と発見 ” をしてみませんか?

Geeneさんのレッスンに参加したい方はこちらから。

以上、Geeneさんの料理教室のレポートでした〜 ♪