本場の味を知ってほしい!ルカさんのイタリア料理レッスン

今回はイタリア料理のホスト、ルカさんのおすすめレッスンをご紹介します。

ルカさんは2012年から日本に住んでいて、奥様は日本人。
3年前からTadakuのホストをしていて、イタリア語の先生をしているのだそう‍です。

DSC09049.jpg

とても明るい性格で、日本の人が想像しているイタリア人にイメージがぴったりです!
料理のコツや材料のことやイタリアでの本来の作り方なども教えてくれて、話がとても面白い。
レッスンはすごく丁寧なので、料理に慣れてない人でも家に帰ってからも再現できると思います。

DSC09057.jpg

イタリア料理は日本ではすごくポピュラーな料理だけれど、本来のイタリア料理と違う部分も多いので、ルカさんは本当のイタリア料理を知ってほしい!という強い思いがあります!

本場のイタリア料理をぜひ学びたいという方にはぜひ参加してほしいレッスンです。

本物はクリームと玉ねぎがない?!簡単なローマの伝統的な料理、パスタアマとリチャナ、サルティンボッカ「子牛肉」とチョコレートケーキ

・パスタ アマトリチャーナ

DSC09073.jpg

よくあるアマトリチャーナは玉ねぎを入れて作ることが多いけれど、実は玉ねぎは入れないものなのだそうです。
Miwaは、玉ねぎを入れないと甘みも出ないのでは?と思っていたけれど、入れなくてもコクが出ることに衝撃!
さらに、本場では具材もパンチェッタではなく、本場では豚のほほ肉を塩漬けにした「グアンチャーレ」を使います。
グアンチャーレは日本ではなかなか手に入りづらいためベーコンで作ったけれど、それでも本当においしかった!

・サルティンボッカ

DSC09077.jpg

牛肉薄切りに生ハムを敷き、生のセージを入れてオリーブオイルで焼いた料理です♪セージはよくハーブティーにするけれど、お肉との相性も良くてびっくり。
南ヨーロッパでは生のセージをよく使用するそうです。
とても香り高くて生のハーブを使うのもなんだかオシャレな感じがするので、おもてなしにも良さそう◎

・チョコレートサラミ

DSC09078.jpg

名前の通り、丸く整形してサラミのように輪切りにして食べるデザートです。
砕いたビスケットが中に入っていて、それがサラミの脂の部分に見えるのが面白い!
材料を混ぜて丸めるだけなので簡単に作れます。
日持ちがするので、多めに作って冷蔵庫に保存しておけば少しずつ切って食べられるのも嬉しいですよね。

▶ルカさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

イタリア料理とイタリア文化の話を堪能できる、ロベルトさんのレッスン

今回は、イタリア料理のホスト、ロベルトさんのレッスンを紹介します。

1

奥様の転勤を機に、日本にきたロベルトさん。
料理のことだけではなくて、イタリアの文化の話もたくさん話してくれる、Tadakuならではのレッスンを受けることができます。

例えば、イタリアではエスプレッソを毎朝コーヒースタンドで飲んでいくのが習慣だから、そこで人間観察をすると面白いよ!や、コーヒーに入れるミルクの温度や量はみんな違うけれど。バリスタがその場で作ってくれるんだよ!など、楽しい話をたくさんしてくれます。

4

イタリアの人は本当にコーヒーが好きで、もちろんロベルトさんもそのひとり。
コーヒーの話をしているときのロベルトさんは、とても生き生きしています。
Miwaはイタリア料理のレッスンにはよく行くけれど、ロベルトさんのレッスンが人気なのは料理はもちろん、イタリア文化の話が聞けるからというのも理由の一つ!

日本で手に入れられる材料で本格イタリアンを学べるレッスン

ロベルトさん自身もTadakuのレッスンを楽しんでくれていて、メニューを考えるときもテーマを決めているのだそうです。

3

▶︎イタリアンシーフード特集!ボンゴレとアクアパッツァ!

このレッスンは、南イタリアで食べられている料理がテーマ。
さらにうれしいのが、日本で手に入る材料を使って、家で再現できるようなレシピになっていること。
レシピはとてもシンプルで手順は簡単です。

2

イタリア料理は使う材料が、他の国の料理に比べて少なく、料理自体はシンプルなので、その分材料にはすごくこだわりがあります。
その中でもオリーブオイルと塩は、味の決め手になる料理がたくさん。

5

例えばパスタを茹でる時にお湯に入れる塩と、調理で使う塩とではそれぞれ別の塩を使い分けます。
ロベルトさんはオリーブオイルも自分で作ってしまうほどのこだわりっぷり。
イタリアでは庭にオリーブの木がある家も多くて、自分で作るのも珍しくないのだそうです。

6

さらにロベルトさんの盛り付けやお皿の使い方、家のインテリアもオシャレなので、そういった部分も参考になると思います。

少しでも興味がある方は、ぜひ参加してみてくださいね♪

▶︎ロベルトさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

イタリア料理のホストMassimoさんのお母さんがレッスンに参加してくれました!

Tadakuで人気のイタリア料理のホストMassimoさんのお母さんが、1ヶ月間日本に滞在することになり、レッスンに参加してくれました!

1

本当にMassimoのお母さんと作るラビオリ!

以前からレッスンへの参加を希望していたMassimoさんのお母さん。
イタリアでシェフをしているMassimoさんのお父さんが、Massimoさんが勤める日本のお店のシェフたちに、料理を教えることになったため、日本に滞在することになり、ようやく実現しました◎

もちろんお母さんも料理が上手でとても手際が良く、人に料理を作ったり、家に人を招待したりするのが大好き♪
そんなお父さんとお母さんの間で育ったMassimoさんだから、そりゃこんなにおいしいもの作れるよねって納得です!

Miwaもこのレッスンに参加したけど、イタリアのいろんな話ができて、来年、またお母さんが来られた時は、絶対に行きたいと思うほど、ゲストはもちろんお母さん自身もとても楽しめるレッスンとなりました。

2

このレッスンで作るメニューは、Massimoさん自身がお母さんに習いたかったものばかり。

ラビオリはパスタマシーンが必要だけど、売っているラビオリの生地を利用してもOK◎

3

ラビオリの中身はじゃがいもとサフランで、日本人には思いも寄らない組み合わせですよね。
でもこれが本当においしかったのです。

サフランの香りとトマトソースがよく合っていて、こんな組み合わせがあるんだ!と思いました。

5

レッスンではラビオリがメインだけれど、一緒に作るズッキーニとミートボールもすぐに作れておいしい!

4

7

ミートボールは、日本では子供の食べ物というイメージだけど、イタリア流に作ると急にオシャレな、女子受けする料理になるのにはビックリです。

デザートのプリンにはレモンが入っていて、日本のプリンとは一味違った爽やかなプリン。

8

お母さん自身にも、自分の作ったものでみんなが喜んでくれるという経験がとても嬉しかったようで、来年も絶対来る!と言ってもらえました。
今回参加できなかった人は、来年の開催が決まればぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

6

お母さんと息子さんから、おうちで料理を教えてもらうなんて、tadakuだからこそできる貴重な体験です。

▶Massimoさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから