イタリア料理とイタリア文化の話を堪能できる、ロベルトさんのレッスン

今回は、イタリア料理のホスト、ロベルトさんのレッスンを紹介します。

1

奥様の転勤を機に、日本にきたロベルトさん。
料理のことだけではなくて、イタリアの文化の話もたくさん話してくれる、Tadakuならではのレッスンを受けることができます。

例えば、イタリアではエスプレッソを毎朝コーヒースタンドで飲んでいくのが習慣だから、そこで人間観察をすると面白いよ!や、コーヒーに入れるミルクの温度や量はみんな違うけれど。バリスタがその場で作ってくれるんだよ!など、楽しい話をたくさんしてくれます。

4

イタリアの人は本当にコーヒーが好きで、もちろんロベルトさんもそのひとり。
コーヒーの話をしているときのロベルトさんは、とても生き生きしています。
Miwaはイタリア料理のレッスンにはよく行くけれど、ロベルトさんのレッスンが人気なのは料理はもちろん、イタリア文化の話が聞けるからというのも理由の一つ!

日本で手に入れられる材料で本格イタリアンを学べるレッスン

ロベルトさん自身もTadakuのレッスンを楽しんでくれていて、メニューを考えるときもテーマを決めているのだそうです。

3

▶︎イタリアンシーフード特集!ボンゴレとアクアパッツァ!

このレッスンは、南イタリアで食べられている料理がテーマ。
さらにうれしいのが、日本で手に入る材料を使って、家で再現できるようなレシピになっていること。
レシピはとてもシンプルで手順は簡単です。

2

イタリア料理は使う材料が、他の国の料理に比べて少なく、料理自体はシンプルなので、その分材料にはすごくこだわりがあります。
その中でもオリーブオイルと塩は、味の決め手になる料理がたくさん。

5

例えばパスタを茹でる時にお湯に入れる塩と、調理で使う塩とではそれぞれ別の塩を使い分けます。
ロベルトさんはオリーブオイルも自分で作ってしまうほどのこだわりっぷり。
イタリアでは庭にオリーブの木がある家も多くて、自分で作るのも珍しくないのだそうです。

6

さらにロベルトさんの盛り付けやお皿の使い方、家のインテリアもオシャレなので、そういった部分も参考になると思います。

少しでも興味がある方は、ぜひ参加してみてくださいね♪

▶︎ロベルトさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

イタリア料理のホストMassimoさんのお母さんがレッスンに参加してくれました!

Tadakuで人気のイタリア料理のホストMassimoさんのお母さんが、1ヶ月間日本に滞在することになり、レッスンに参加してくれました!

1

本当にMassimoのお母さんと作るラビオリ!

以前からレッスンへの参加を希望していたMassimoさんのお母さん。
イタリアでシェフをしているMassimoさんのお父さんが、Massimoさんが勤める日本のお店のシェフたちに、料理を教えることになったため、日本に滞在することになり、ようやく実現しました◎

もちろんお母さんも料理が上手でとても手際が良く、人に料理を作ったり、家に人を招待したりするのが大好き♪
そんなお父さんとお母さんの間で育ったMassimoさんだから、そりゃこんなにおいしいもの作れるよねって納得です!

Miwaもこのレッスンに参加したけど、イタリアのいろんな話ができて、来年、またお母さんが来られた時は、絶対に行きたいと思うほど、ゲストはもちろんお母さん自身もとても楽しめるレッスンとなりました。

2

このレッスンで作るメニューは、Massimoさん自身がお母さんに習いたかったものばかり。

ラビオリはパスタマシーンが必要だけど、売っているラビオリの生地を利用してもOK◎

3

ラビオリの中身はじゃがいもとサフランで、日本人には思いも寄らない組み合わせですよね。
でもこれが本当においしかったのです。

サフランの香りとトマトソースがよく合っていて、こんな組み合わせがあるんだ!と思いました。

5

レッスンではラビオリがメインだけれど、一緒に作るズッキーニとミートボールもすぐに作れておいしい!

4

7

ミートボールは、日本では子供の食べ物というイメージだけど、イタリア流に作ると急にオシャレな、女子受けする料理になるのにはビックリです。

デザートのプリンにはレモンが入っていて、日本のプリンとは一味違った爽やかなプリン。

8

お母さん自身にも、自分の作ったものでみんなが喜んでくれるという経験がとても嬉しかったようで、来年も絶対来る!と言ってもらえました。
今回参加できなかった人は、来年の開催が決まればぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

6

お母さんと息子さんから、おうちで料理を教えてもらうなんて、tadakuだからこそできる貴重な体験です。

▶Massimoさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

Massimoさんの、春を感じるイタリアン

今回は、イタリア料理のホストMassimoさんのレッスンで食べられる、春を感じるイタリアンを紹介します♪

▶︎春香るアクアパッツァ!

01

オレッキエッテは、パスタマシーンなどを使わずに、簡単に作れる生パスタです。
手でこねて伸ばして、ナイフで成形するので、めんぼうも不要!

02

パスタを作ると聞くとパスタマシーンが必要で、けっこう大掛かりというイメージがあり、ハードルも高く感じますよね。
でもオレッキエッテは、自宅にあるような普通のキッチンで、特別な機械がなくても作ることができる生パスタ ◎
イタリアのお母さんたちは、「今日は暇だから作ろうかな〜」というノリで、テレビとか見ながら、オレッキエッテを作るのだそうです。

03

そしてうれしいのは、簡単に作れるのに、生パスタだからやっぱりおいしい!ということ。
生パスタはパスタそのものがおいしいので、ソースがシンプルでも大丈夫。

レッスンでは、クタクタに煮た菜の花とオリーブオイルに塩とガーリック、唐辛子だけで味付けして炒めただけでとてもシンプルだけれど、これがすごくおいしい!

05

イタリア料理って、実は材料がすごくシンプル。
このアスパラガス目玉焼き乗せは、アスパラと卵とバター、オリーブオイル、チーズだけで、アスパラそのものの味を味わえる、春を感じる料理です。

これだけの材料で、こんなにおいしくなるんだ!とびっくりしますよ。
このように目玉焼きが乗った料理は、ビスマルクと呼ばれています。
その由来は、卵が大好きなドイツのビスマルク宰相のために作られたからだとか。
そういう歴史的なエピソードを聞くのも面白いので、何か気になることがあれば聞いてみてくださいね。

04

さらにアクアパッツァは、衝撃的なぐらいおいしい!今まで食べてたアクアパッツァのなかで、ダントツで一番おいしい。

Miwaはこのレッスンに参加したとき、すでに前菜とパスタを食べた後でお腹がいっぱいだったけれど、それでも食べられちゃうほどおいしさ。

レッスンではお魚丸ごとじゃなくて、おろしたアジを使いました。
丸ごとの魚じゃないから作りやすいし、レシピもすごく簡単 。

06

目と舌で楽しめる、おすすめのレッスンです♪

▶︎Massimoさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから