料理人Carlosさんと作る!スペイン定番料理

Tadakuとは?
日本に暮らす外国人のご自宅にお邪魔して、少人数で料理を作って、食べて、話して。
新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けする料理教室です!


Tadakuのスタッフさかいより、レッスン体験レポートです。初めてTadakuを利用する方や、何か良いレッスンないかな〜?という方は是非!ご覧になってみてください👀

今回のTadakuレッスンでは、料理人歴の長いホストCarlosさんにスペイン料理を教えてもらいました!
メニューは、一度は作ってみたいスペインの定番料理ばかりです✨

まずレッスンの様子を紹介する前に…Carlosさんのレッスンが開催されるレストランを少しご紹介。
東京メトロ四ツ谷三丁目駅から徒歩2分です!

こーんな素敵な空間でした😌
DSC05351
DSC05329

そして、レストランということはもちろん使うキッチンは奥の厨房…。レストランの裏側に、参加者一同早速大興奮です!
DSC05333

陽気でニコニコしているCarlosさん。スペインのいいおじさん、という感じのとーっても面白い方です!
「日本は変なスペイン料理出してるところあちこちにあるけど、あれスペイン料理じゃない!このレッスンは全部スペインの本物の味!」だそう。楽しみ!
DSC05381

手際よく、そしてユーモアたっぷりのおしゃべりとともにレッスンは進んでいきます。
本日1品目のパエリア!
もう、お米が鍋に入る前からとーっても良い香り。この時点の味見で、もう食べたい…
DSC05336
Carlosさんは料理のプロですが、食材は絶対に日本のスーパーで簡単に手に入るものしか使いません。
「自宅でもぜったい再現できるように」を考えながらどんどん作り方を教えてくれます!
DSC05357

2品目は、ガスパチョという冷製スープ🍅
これは日本で言う味噌汁と似たようなもので、家庭によって味が違うそうです。
ガスパチョのレシピは、なんとその数5千万通り!
今回は、シェフCarlosさんお気に入りのガスパチョレシピで教えていただきました⭐
酸味のあるスープってどうなの?苦手そう…と疑っていたのですが…爽やかながらコクのある、とっても美味しい野菜スープでした!
DSC05365

3品目はスペインオムレツ。
今回はエビとほうれん草のオムレツ。普通のフライパンの上でひっくり返したのに、「えええ〜!」まるでケーキのように綺麗なオムレツが現れました!🐣
DSC05342

4品目のデザートはヨーグルトとバナナフランベ。
よくお店で見る赤い炎も出してくれました!シンプルなのに、ヨーグルトの酸味とフルーツの甘みがなんとも言えず、美味しい🍌
撮り忘れてごくごく飲んでしまいましたが、Carlosさんの自家製サングリアも美味しかったです!🍷サングリアは「お店の魂」なのでレシピは非公開とのこと。
DSC05379

Carlosさん、今回はホームパーティーにピッタリのメニューを揃えてくれました。
もちろん、普段の食卓にも並べたい料理ばかり!

あ、ちょっと失敗した!と思っても回復できるコツや隠し味も、惜しみなく教えてくれます!
「この隠し味は本当に秘密だから!レストランの味!」と言いながら、参加者にはいつも紹介しているそうなのでもう広まったかも…だそう😂

「レストランにはよくスペイン人も食べに来るから、変なスペイン料理は作れないんだよ」とけらけら笑っていた陽気なCarlosさん。そんなCarlosさんと本場のスペイン料理を習得しませんか?

▼Carlosさんのレッスンはこちら。日程リクエストも受付中です!▼
7/4(火)・8(土)10:00〜13:30
ガスパチョとパエージャでホームパーティー!
リクエスト可能です!
スペインカタルーニャ地方のフルコースメニュー!

ガリシア地方は一味違う?!

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人のご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、お話して。新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けするマッチングサイト!


こんにちは!Amaneです。

今回私はガリシア地方出身、Ivanさんのレッスンに参加してきました!

ガリシアはスペイン北西部に位置し、ポルトガルに接する海沿いの地域です。

スクリーンショット 2016-08-04 11.33.39.png

スペインと言えばフラメンコ!!

と、思われる方も多いと思います。

しかし、ガリシア地方ではフラメンコが盛んでない、むしろあまり歓迎されないという話も…

ガリシア地方で有名なのは”バグパイプ”!!

スコットランドのイメージが強いバグパイプですが、ガリシアでもメジャーな楽器なんですね!

DSC00841

Ivanさん、レシピに沿って丁寧に説明をして下さいます!

DSC00976

まず初めに作ったのは、シーフードのビネガーサラダ。

みんなで分担して食材をカットしていきます。

材料を混ぜ合わせた後、しばらく置いて味を染み込ませるのが大事だとか!

DSC00865

 

1品目、Seafood vinaigrette salad with potatoes

ビネガーの酸味がたまらない一品です!

DSC01056

お次はタコを茹でていきます。

DSC00981

タコはガリシアでもすごく有名な海産物だそうで、

硬くならないように茹で時間を測りながら調理していきます!

DSC00843

スペインで有名なパプリカのパウダーもふんだんに使っていきます!

今回使ったパウダーは甘みのあるタイプ!

 

2品目、Gallician Octopus with potatoesが出来上がりました!

別名ガリシアフェリアと呼ばれるこの料理はガリシア地方で最も有名なタパスの一つだとか。

フェリアはお祭りという意味だそうです!

タコの柔らかさに感動しました…!

DSC01112

 

3品目、Little green peppers from Padrón with sea salt

粒の大きめなThick saltが、噛んだ瞬間口に広がります!!!

DSC01040

お次は、豚肉にパプリカパウダーを加えて混ぜていきます。

DSC00950

 

4品目、Macerated Pork Galician Style

チョリソーに似たスタイルの料理で、

他のスペインの地域よりも赤色が薄いのがGalicia風。

DSC01231

 

5品目、Mariana Clams

ガーリックの風味が効いたソースがたまりません!

パンとの相性も抜群です!1

DSC01202

DSC01126

いただきま〜す!!!

DSC01135

スペインではパンを上手に使いながら食事をするのだそう!

タパスをパンの下に添えながらソースが垂れないようにしたり、逆にパンにソースをつけて食べたり…

DSC01141

食事と共にワインもすすみます!

Ivanさん、偶然手に入れたというGalician Musicを流して下さいました!

ガリシアの音楽は、ポルトガルとアイルランドが混ざったようなスタイル。

「これがさっき僕が言ってたバグパイプの音だよ!」とIvanさん。

ガリシアのお話、音楽、美味しい食事…

すっかりガリシア気分です♪

Ivanさんのレッスンに参加したい方はこちらから。

本格!創作スペイン料理!

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人のご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、お話して。新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けするマッチングサイト


こんにちは!このブログを書かせて頂くAmaneです!

今回私はスペインの首都、マドリード出身Felipeさんのお宅にお邪魔しました。

Felipeさん、普段は銀座の高級店で働くシェフということで、前日も夜遅くまでお店で働いていたそうです…お疲れ様です!

日本に来る前は、ロンドン、タイなど世界各地で料理の腕をふるって修行されていたようで、

その腕は確かなはず!

そんな期待を抱きつつ、レッスンスタートです。

早速Felipeさんが手にしたのは、スパークリングドリンクを作るためのボトル。

Tadakuのレッスンのために購入して下さったとか!

「面白いなと思って。」とFelipeさん。

遊び心満載です!

そして出来上がったのが…

ガスパッチョ!

スペインで有名な冷製スープで、さっぱりとしていて、程よい酸味がたまりません。

Felipeさんのガスパッチョは、野菜がピューレ状になっているタイプのものでしたが、

野菜を角切りにするだけのタイプもあるとか。

同じ料理でも色々なバリエーションがあるんですね!

次に登場したのが…

乾燥熟成肉!!!

保存・熟成させてお肉なので、普通のお肉よりも柔らかく、香りも強いんです!

この粋なお肉を調理していきます。

お肉は温度が命!ということで温度を測ります。

私達の到着する少し前に、冷蔵庫から出して下さっていたようで、常温に近づいてます!

 

再び計測…

 

Felipeさんによって丁寧に扱われたお肉は、美しいピンチョスへ変化しました!

 

ここで今回の料理を一気に紹介したいと思います。

・熟成ビーフのピンチョス

・トルティージャ

シェフならではの技がふんだんに詰まったスペイン風オムレツ!

この技を知りたい方は、ぜひレッスンへ!!!

ジャガイモが程よい柔らかさなので、口に入れるとほろほろと崩れていく…たまりません!

・エビのアヒージョ

プリプリとした立派なエビをエクストラバージンオイルが引き立てている一品。

・ホールフィッシュのサルスエラ〜双子の魚〜

丸ごと2匹の魚が惜しみなく使われています!

周りのソースに思わずパンを浸して食べたくなる、そんな一品。

惚れ惚れするような美しい盛り付けです!さすがシェフ!

・ピスタチオのムース

口の中に入れた瞬間、ピスタチオの芳醇な香りが広がります。

スプーンを持つ手が止まりません!

思わず笑顔が綻ぶご馳走の時間です!

Felipeさん、日本に来てから日本語の勉強を始められたそうなのですが、すごくお上手!

スペイン料理はもちろんアレンジ料理がお得意で、

他では味わえない特別な料理が学べるかもしれません。

Felipeさんのレッスンに参加したい方はこちらから。