手で食べる!マレーシア料理入門!

Tadaku.com とは?

日本在住の外国人のご自宅にお邪魔して、みんなで料理を作って、食べて、お話して。新しい「食」を通じた異文化交流の形をみなさまにお届けするマッチングサイト!

こんにちは!

今回初めてブログを執筆させていただく Kodai です。宜しくお願い致します。

レッスンの内容と簡単な料理の説明をしながら、異国の人同士が料理でつながる楽しさを伝えていけたらな、と思っております。

私自身初めてのレッスンで6月下旬、マレーシアの離島の生まれというFarrahさんのご自宅にお邪魔しました。

現在は日本の大学の院で国際政治のお勉強をされていると聞きました。とても元気で優しいのでどんな方とでも仲良くなれる明るいキャラクターです!

さて今回はマレーシアで親戚同士で集まった時や、イベントのある特別な日にみんなで食べる料理「Rendang(レンダン)」をメインに4種類の料理を紹介してもらいました。

初めてのレッスンに胸を躍らせながら家にお邪魔するとさすがFarrahさん!

なんとパワーポイントを使ってマレーシアについてのプレゼンテーションをしてくれました。

地域によって料理の辛さが微妙に異なることを説明してくれたり、家族の結婚式の時の写真を見せながら正式な場でのマレーシアならではの服装を紹介してくれるなど、聞いててワクワクするような内容でした。

 

プレゼンテーションでマレーシアについて学んだところで、早速料理に取りかかりました。

 

まずはメインの「Rendang(レンダン)」

マレーシア料理といえば料理に入っているスパイスの種類が豊富だそうです。ターメリックリーフ(ウコンの葉)、レモングラス、生姜、ニンニク、玉ねぎなど香りの強い食材を合計で10種類ほどミキサーにかけ、ココナッツミルクと水を入れてグツグツと弱火でゆっくり煮込みます。Farrahさんによると多少分量にムラがあっても最終的に水分がほとんど飛ぶまで煮込むので失敗することはまずないそうです。そして30分ほど煮込んで水分も飛んだところで、前もって軽く揚げた骨つきのチキンを入れてチキンの形を崩さないよう気をつけながら煮込んでできたソースと絡めると完成です!

 

スパイスの香りがチキンにしっかりと絡みついていて、クセになる味でした。

 

 

さて、2品目は「Cucur Udang」です。こちらはマレーシアでは非常にポピュラーな料理で、日本料理でいうとかき揚げにあたります。

小麦粉にもやし、玉ねぎ、ニラ、さらに先ほども登場したターメリックリーフ(ウコンの葉)と水を入れスプーンを使ってよくかき混ぜます。また、手でかき混ぜてしまうと手の熱で野菜のシャキシャキ感かなくなってしまうことがあるのでスプーンで混ぜたほうが良いそうです!フライパンにある程度まで油を入れ、少しずつ分けて投入していき、両面がしっかりと揚がれば完成です。写真がこちら。

 

 

口の中に入れるとフワッとスパイスの味が広がり、ケチャップとマヨネーズとの相性も抜群です!

 

3品めは「Acar Timun Nenas」

千切りにした野菜とパイナップルをお酢とレモン汁、塩、砂糖で味付けをしあえると完成という非常にシンプルな一品です。

味はさっぱりしていて非常に食べやすく前菜にピッタリ。

 

最後にデザート「Pengat Pisang」

ココナッツミルクの中に、バナナ、黒糖、タピオカを入れて10分ほど煮込み、器に移して冷蔵庫で冷やすと完成!

 

 

口にするとバターのようなコクのある美味しさが広がりFarrahさんオススメのマレーシアの紅茶との相性も完璧でした。

 

マレーシアにいるような錯覚に陥った私たちは暖かい食卓を囲い、自然とチキンとごはんを右手で口に運んでいました。

手で食べるのは思いのほか難しく、ぎこちなく料理を食べる私たちを見てFarrahさんも優しく微笑んでいました。

 

 

さて、マレーシア料理といってもピンとこない方が大半だったと思いますが今回のレッスンの様子をご覧いただいて前よりはマレーシア料理に興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際私もマレーシア料理に関する知識はほとんどないままレッスンを受けさせていただきましたが、Farrahさんのわかりやすい説明でマレーシアについて知ることができました。

また、英語と日本語を交えながら一生懸命料理の説明をしてくださったFarrahさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

Farrahさん のレッスンに参加したい方はこちらから。

Tokyo Intercultural Cooking Community

If I had to describe Tadaku in two words, I’d say: intercultural cooking. We love cooking, we love cooking food from different cultures around the world, we love meeting people from different cultures around the world. This is intercultural cooking.

Tadaku is a service that aims to make intercultural cooking possible between people who might not otherwise have an opportunity to connect, and offers incentives to local cooks enabling them to share their cooking culture with the world. We think this service is awesome, but Tadaku is just one part of something bigger: a community of people who love intercultural cooking.

There are cooking communities in every major city around the world, but intercultural cooking is different because it’s as much about people and cultural exchange as it is about delicious food. We feel this deserves a community of its own, so we’ve started an Intercultural Cooking Community meetup group in Tokyo for bringing people of all cultures together to share their stories and experiences and of course, their food.

If you’re in the Tokyo area and would like to join us for a casual get-together or a special cooking event, you can join the Tokyo Intercultural Cooking Community here:

http://www.meetup.com/Intercultural-Cooking-Community/

We hope to see you at an upcoming event! Happy cooking!

How Tadaku Works

We like to say the basic concept behind Tadaku is ‘cultural exchange through cooking’. To explain the general structure of a Tadaku session, let’s look at an example:

Becoming a Host
Yuko from Tokyo loves cooking, meeting new people, and practicing her English, so she decides to join as a Tadaku host. She completes her profile with information about the menus she’d like to offer, her home, her availability, and the price per guest.

Booking a Session
Alice and her boyfriend Ross are planning their trip to Japan from Australia and are interested in learning more about the Japanese culture from Japanese people. They also love Japanese food, and looking at the Tadaku website, they decide to book a session with Yuko to cook the traditional food of sumo wrestlers at her place. After agreeing on the dates, they make the payment via PayPal through the Tadaku website.

Host Meeting Guests
Alice and Ross meet Yuko at the agreed location, and Yuko first takes them on a short tour of Tsukiji fish market, where they purchase a few ingredients for the meal. Some of our hosts offer different kinds of activities before the cooking session (a visit to a local farm or a sake shop, for example). Even the most basic local supermarket can be an interesting experience for visitors!

Cooking Together
Back at Yuko’s place, Yuko spends an hour or two teaching Alice and Ross how to cook the various dishes. Getting involved in the cooking process is a great way to learn!

Eating Together
Eating the meal together provides a great chance to learn more about the local food and other cultural aspects, such as language and daily customs.

Farewell
After Alice and Ross help clean up, Yuko guides them back to the meeting place and they depart with some great new skills and memories. Tadaku pays Yuko via PayPal the following day.

Being invited into a local person’s home while on a trip is a rare experience, and we believe that it’s a wonderful way to learn about new cultures.

Read more about how Tadaku works.

Tadaku-HIW