ウズベキスタンのことも詳しくなれる、おもてなしが温かいニーナさんのレッスン

ウズベキスタン料理のホスト、ニーナさんをご紹介します。

07

ニーナさんは、日本にいた娘さんに子供ができて、仕事もしていて大変だからと手伝いをするために日本に来たおばあちゃんで、Tadaku歴は3年ぐらい。
まるで自分のおばあちゃんと会っているような気分になる、ほっこりする包容力のある人です。

01

ニーナさんは、人を家に招待してもてなすのが好きだけれど、日本に来たら近くに親戚もいないし、なかなか人を招く機会もないので、Tadakuのホストになったのだそう。

レッスンでは、娘のユーリアさんが通訳に入ってくれます。
もてなされているのがすごく伝わるし、リピーターさんが多い人気のレッスンです。

ニーナさんはレッスンの時に、写真や動画を見せてくれながら、ウズベキスタンのことをいろいろ教えてくれます。

02

Miwaが面白いと思ったのが、ウズベキスタンでは食べ物を買うときに味見をさせてくれるということ。マーケットはもちろん、普通のスーパーでも味見ができるのだとか。
日本とは違う文化があることを知れる、とても貴重な時間です♪

04

また、結構いろんな種類の料理を作るのに、ニーナさんのレッスンはきちんとタイムスケジュール通りに進みます。

ニーナさんのレッスンでは、完全参加型でゲストもしっかり料理に参加します。
Miwaが参加したいっぱい野菜を切りましたよ。

06

Miwaも参加してきたレッスンはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▶︎スープの王様ウハー(魚スープ)

ピロシキは、具を生地で包むところからはじまります。
魚のスープには、サーモンをつみれのような感じに調理して使います。

05

すごくおいしいのはもちろんだけれど、思わぬ食材の組み合わせがあるなっていう発見があったのが、とてもおもしろかった。
サラダのドレッシングにはライムとはちみつとマスタードを使うし、スペアリブには、はちみつとオレンジマリネで味付けをします。
あまり日本で食べる料理では、想像できない組み合わせですよね?

08

ニーナさんのレッスンは、料理の内容と、ニーナさんと娘のユーリアさんのキャラクターと、レッスン内容がすごくバランス取れています。
そして何より、どの料理も本当においしい!

異文化交流もできて、ウズベキスタンのことがよく知ることができるニーナさんのレッスン。
Miwaも、ウズベキスタンに行きたくなりました。
ウズベキスタンに興味なくても、絶対楽しい!リピーターさんが多いのも納得です。

▶︎ニーナさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

これからの行楽シーズンにぴったり!ユンさんの韓国屋台料理レッスン

今回は、ユンさんによる楽しい韓国料理のレッスンを紹介します。

1.JPG

ユンさんは、Tadakuに昔から在籍している、ベテランのホストさん。
日本滞在歴は20年近くて、日本語もすごく上手です◎
旦那さんも外国人で、世界を旅するような国際色豊かな人。

6.JPG

人と接するのが好きで、たまに新宿でバーを借りて一日店長をすることもあるけれど、本業はグラフィックデザイナーのユンさん。
イラスト入りのレシピカードはおしゃれで、さすがデザイナーさんという感じです。

ユンさんの明るい人柄のおかげで、レッスンもとっても楽しい!
韓国の文化の話などをしながらきちんと料理も習える、Tadakuらしい、レッスンです。

4

ユンさんのレッスンでおすすめなのが、韓国の定番屋台料理が習えるレッスン。
▶︎韓国の定番屋台料理:トッポッキ、キンパ

2

キンパは、韓国の巻き寿司。
日本の巻き寿司とは違い、お米にはごま油をまぶしていて、海苔も韓国海苔を使います。
日本の巻き寿司はお刺身を入れたりするけれど、キンパにはカニカマやたくあん、ソーセージなどが入っています。
子供も好きなものが多く入っているので、子供からお年寄りまで食べやすいですよ。

5.JPG

また、韓国には日本語と同じ名前の”おでん”「釜山おでん」があります♪
でも日本のおでんとはちょっと違って、大根などは入れずに、練り物をスープで煮たものを言います。

8.JPG

そして、Miwaが一番大好きな青唐辛子のフライ。
唐辛子の中に春雨などを詰めて揚げたもので、辛くない唐辛子を使います。

7.JPG

日本では屋台料理の文化があまりないけれど、韓国ではポピュラーな屋台の味をぜひレッスンに参加して、楽しんでくださいね!

▶︎ユンさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

オーストラリア料理が学べるMatthewさんのレッスン

今回は、Matthewさんのレッスンで学べるオーストラリア料理のことや、楽しくあたたかい、おもてなし上手なMatthewさんのレッスンを紹介をします。

1

▶︎オーストラリアのフィッシュ&チップスをプロから習おう!

フィッシュ&チップスの違い

フィッシュ&チップスは、イギリス発祥なのでイギリス料理のイメージが強いですが、オーストラリアやニュージーランドでもすごくよく食べられている料理です◎
他の国の料理だけど、すでに生活の一部になっているというのが興味深いですよね♪

なんとマシューさんのフィッシュ&チップスは、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドの3か国のスタイルを融合させているんです。

それぞれのスタイルは…
・オーストラリアスタイルは、フィッシュフライの衣にはオーストラリアのビールをまぜている
・イギリススタイルはエンドウ豆のピュレを添えている
・ニュージーランドスタイルはチップスをさつまいもで作る

衣にビールをまぜることで、サクサクした軽い食感になるし、エンドウ豆のピュレはすっごくおいしい!アップルビネガーなどが入っていて少し酸味があります。

さつまいものフライは時間がたっても外がサクサク、中はホクホク!
さつまいもだから結構甘くてびっくりするけれど、これがニュージーランドの本場のスタイルです。

フィッシュ&チップスと言っても、国によってこんな風にバリエーションがあるということを学べるし、おいしいフィッシュ&チップスも食べられます。

マシューさんのおもてなしと楽しいレッスン

2

マシューさんは、おもてなしの心がすごい。
元シェフなだけあって、ゲストをもてなすのが上手で、ドリンクを振る舞うときなども、苦手なものがないか一人一人細やかに対応してくれるのにも感動。

5

また、レッスンでは牡蠣のグリルを作るけれど、殻付きの牡蠣をこじ開けるところから始めるのでびっくり!でも開け方も優しく教えてくれるので安心して下さい。
ちなみに、牡蠣の季節以外はムール貝のグラタンを作るのですが、ムール貝も殻を開けるところから始めます。
普段生活している中で、なかなかこういう体験はしないのでこれだけでもすごく楽しいですよ。

4

別のレッスンでは牛スジの取り方を教えてくれたことも。マシューさんのレッスンは、いつもこういう珍しい体験をさせてくれるので、新たな発見があって楽しいです。

▶︎Matthewさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから