これは絶品!ぜひ食べてほしい、あまり知られていない中国料理

今回紹介するのは、朱さんのレッスンで教えてもらえる、日本ではあまり知られていないけれど、とっても美味しい中国料理です。

酸菜白肉鍋

まずは『酸菜白肉鍋』。

dsc_1486

▶︎「東北料理」温かい酸菜白肉鍋、ニラおやきで新陳代謝アップさせよう!

漢字を見てもわかるとおり、すっぱいお鍋。
乳酸菌で発酵させた白菜と、豚バラ肉を使います◎
お肉が酸味のある白菜と相性ぴったりで、お箸が止まらなくなっちゃいます。

この料理が生まれた中国東北地方は、とても寒い地域で、冬の間の保存食として、白菜を大量に発酵させておくのだそう。

dsc01236

あまり知られてないけれど、日本人好みの料理だと思います!
スープにも酸味とお肉のうまみがたっぷりで、お鍋料理だから日本人にも馴染みが深いですよね。

酸味のあるものが好きな人ならきっと気に入るはず。
ついつい食べ過ぎちゃうから、このレッスンの後は予定を入れない方がおすすめ(笑)

春餅(チュンビン)

次にご紹介するのは、中国北方の伝統的な料理、『春餅(チュンビン)』。

dsc01257

▶︎中国北方の伝統的な料理、春餅!たっぷりの野菜を巻いて、食べましょう!

北京ダックで使うような皮に、色々なものを巻いて食べる料理です。
レッスンでは、きゅうりとネギと、甘辛の味噌で煮た豚肉を巻いていただきますが、本当はもっといろいろなバリエーションがあります。

中国ではすごいポピュラーで、屋台で気軽に買って食べ歩きできる、ファーストフード的な感じです。

日本で食べられるところもなくはないけど、あまり見かけません。
皮はパリッとした見た目なのに、モチモチした感じで、あまり日本では食べられない癖になる食感です♪

中国の東北地方では小麦がよくとれるので、小麦料理のバリエーションが多く、朱さんは、小麦をこねるのが好きなんだとか(笑)

さらに、レッスンで一緒に作るおかゆは、体に優しい味付けで、本当においしいです。

dsc_1005_mh1540975700737

日本では雑穀といってもお米を入れるけれど、このおかゆはうるち粟とかぼちゃしか使いません!
優しい味にほっこりしますよ。

文字や写真だけじゃ、このおいしさが伝わらないのが悔しいので、ぜひレッスンで食べてみてください。

▶︎朱さんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

これであなたもロシア通!ジェニーさんのロシア家庭料理のレッスン

今回は Jeny(ジェニー)さんのレッスンで食べられる、ロシアのおいしい家庭料理を紹介します。

2.JPG

Tadakuには、「日本ではあまり知られていない、自国の料理を知ってもらいたい」という、強い思いを持っているホストが多くいます。

その国の有名な料理はもちろん、おいしいけれど、Miwaは家庭料理やその地元のポピュラーな料理の方が、実はおいしいと思っています。

ロシアの餃子「ペリメニ」

1.jpg

Jenyさんのレッスンでは、生地から手作りできますよ。
▶︎シベリア地方の家庭への旅

生地は少し厚めで、ロシア料理でよく使われているハーブのディルが、中の具に入っています。
けっこうボリューミーでお腹にたまるけれど、サワークリームの酸味のおかげでさっぱりと食べられます!

3.jpg

もちろん、日本で食べる餃子のようにラー油と醤油で食べてもおいしい♪(Jenyさんの旦那さんはラー油と醤油で食べるのだそう。)
クセもなく、日本で食べる餃子に近いので、日本人にも食べやすいのがうれしいポイントです。

ロシアのクレープ「ブリニー」

4.png

ロシアには餃子や小籠包もあるけれど、実はクレープが有名。

ロシア料理って聞くとピロシキやボルシチが思いうかぶけれど、ロシアの人に聞くと餃子やクレープをあげる人が多いほどなんです。
▶︎3種のロシア流クレープ「ブリニー」

甘いクレープもあるけど、食事として食べることが多く、生地は日本で食べるものより厚めでモチモチしています。
何種類かの具材を用意して、自分で好きなものを包んで食べるので楽しく、パーティーにもぴったり!

6.png

ロシア料理は基本的に、ビーツ以外はあまり変わった食材は使いません。
味付けもシンプルなので食べやすいし、作るのも簡単。
食材も手に入りやすいから、家に帰ってからの再現度も高いんです。

外国料理に興味があるけど、少しクセが強いのは苦手…という人にもおすすめです♪

▶︎Jenyさんのレッスン詳細・参加予約はこちらから

トルコ在住歴があるゲストも納得!とってもおいしいトルコの家庭料理を食べられるゴヌルさんのレッスン

01

今回は、トルコ料理のホスト Gonul(ゴヌル)さんの紹介です。

参加しているゲストみんなが楽しめる、すてきなレッスン

ゴヌルさんは、最近Tadakuを始めたばかりのホスト。
Tadakuに入ったのには、日本人の友達を作りたいという理由が。
日本在住歴は3年目になるけれど、旦那さんもフランス人でなかなか日本人の友達ができないんだそう。

dsc01362

とにかく人と会うのが大好きでどんな人とでも仲良くなれちゃうし、元気をもらえるすてきな人です♪

”自分の家みたいに振舞って欲しい”と言っても、どうしても日本人は遠慮してしまいがち。
でもゴヌルさんは「ドアを開けるときに私の心も開ける」というのがモットーで、自分の内面をさらけ出してくれます。

dsc01467

そんなゴヌルさんだからこそ、レッスンは最初から和気あいあいとした雰囲気で、一体感が出てとっても盛り上がります。
レシピの説明も丁寧だし、ゲスト一人一人がきちんと参加できるように考えてくれています。
ゲストとホストが対等で、みんなで一緒に作って食べるという、Tadakuらしいレッスンを体験できます。

dsc01409

Miwaはたくさんレッスンに行ってるけど、ゴヌルさんのレッスンは本当にリラックスできて楽しい!
うまく話せるかな…というような不安が大きくて参加を迷っている人には、特にオススメです。

dsc01406

レッスンが楽しいのはもちろん、ゴヌルさんのお料理は本当においしいです。

トルコ料理ってあまり知られてないけれど、日本人の口に合うんです。
ゴヌルさんのレシピは、トルコのどこの家でも食べているような、定番の家庭料理 。
変わった野菜は使わないし、調味料もたくさん種類はいらないので、家でも再現しやすのがうれしいポイント!
作り方も難しい作業がなくて簡単で、野菜をたくさん食べられますよ。

dsc01442

ゴヌルさんはトルコ人だけど、フランスに住んでいたので、フランス語とトルコ語を話せます。
日本在住歴は3年目で日本語は勉強中。
なのでレッスンでは、ゲストが日本語を教えるという微笑ましい場面もありました。

▶︎ゴヌルさんのレッスン詳細・参加予約ははこちらから