食器やデコレーションもステキ!パウリナさんのポーランド料理レッスン

今回はポーランド料理のホスト、パウリナさんのオススメレッスンをご紹介します。

パウリナさんは以前、デロンギなどの調理家電の会社でレシピを作ったり、実演販売などをしたりしていました。
そのため料理に精通しているし、経験豊富なので教え方がとても上手!
仕事でレシピを作っていただけあって、内容も細かく書いてあって分かりやすいです。

2

日本でポーランド料理を習える機会や場所があまりないためか、関西や東北、福岡など遠方からわざわざ参加していた方もいます。

食器もすごく凝っていて、デコレーションも素敵。
妊娠されていてもうすぐ産休に入るので、気になる方はぜひ、今のうちにご参加を検討してみてくださいね。

ポーランドでは、12月24日〜26日までがクリスマス期間。
そのうち25日だけは、お肉を使いません。
なのでこのレッスンでも、お肉を使わないメニューになっています。

1

さらに、ポーランドではクリスマスにデザートを含めて12種類の料理を作ります。
初めはすごく大変そうだな、と思ったけれどみんなでワイワイ作るのはとても楽しかったです。

▶︎ポーランドのクリスマスイブ12種類のディナーセット

ピエロギは、ポーランドの餃子。
小麦粉の生地に具材を入れて茹でたり焼いたりする餃子のような料理って、世界中どこでもありますよね。

3

このレッスンでは、魚とジャガイモを入れて、ガーリックとディルを使った生クリーム仕立てのソースをかけたものと、ザワークラウトとレンズ豆を入れたものを作りました。
ポーランドでは、ピエロギの皮は市販されてないので必ず手作りするそう 。
また、日本の餃子は入れる具材が決まっているけれど、ピエロギは何を入れてもOKなんだとか。

5

ビーツのスープは、ビーツをグリルで焼いてから入れます。
これがとても美味しくて、上からかけたサワークリームとビーツの相性も抜群!

4

また、デザートのポピーシードケーキは、ポピーシード(ケシの実)と
アーモンドエッセンス、オレンジピールが入った菓子パンです。
ヨーロッパの伝統的なクリスマスの料理は、アーモンドをよく使うのだけれど、
このケーキもアーモンドと柑橘系の香りがヨーロッパの雰囲気を感じさせてくれます。

6

「12種類も何を作るの?」ってワクワクしませんか?ポーランド料理に少しでも興味のある方はぜひ参加してみてくださいね♪

▶︎パウリナさんのレッスン一覧・参加予約はこちらから

イタリアのクリスマスの味を再現!簡単なのに本格的なフィロメナさんのレッスン

今回はイタリア料理のホスト、フィロメナさんのオススメレッスンをご紹介します。

フィロメナさんのご主人はホテルのシェフなので、中国などアジアの色々な国に20年ぐらい滞在していたそうです。
その期間中、各地で料理教室を開催していたこともあり、経験豊富なホスト。
フィロメナさんのレッスンでは、イタリアのシンプルでおいしい家庭料理が学べます。

2.jpg

さらにフィロメナさんはイタリア人らしい大らかな性格で、「自分は料理を難しく考えすぎていたかも…」「料理ってもっと気軽に作っていいんだな…」って思わせてくれます。

材料も近くのスーパーで買えるものがほとんどで、手に入りやすいもので作れるメニューを考えるのがフィロメナさんのこだわり。

イタリア料理が好きで、家でも気軽に作りたい方にはぜひオススメしたいレッスンです。

1

それでは、フィロメナさんのおすすめレッスンのメニューを紹介します!

▶︎我が家のクリスマスメニュー!

・ラグーソースと手作りのタリアテッレ

5.jpg

タリアテッレは、パスタマシンを使って作ります!日本で食べる生パスタは、すごくモチモチしているけれど、パスタマシンで作ったパスタはそこまでモチモチしていません。
もちろん、パスタマシンがなければ、市販のパスタで作れますよ。

ラグーソースは、いわゆるミートソースのことです。ラザニアとかにも使えるので、覚えておくといろいろ使えます。野菜や肉を炒めて調味料を加えるだけなので、とっても簡単!◎

・白ワインソース添えローストポーク

3.jpg

白ワインで野菜とお肉を煮込んだもので、最後に野菜をブレンダーにかけてソースにします。びっくりしたのが、白ワインを丸々1本全て使うこと!
水も入れず、白ワインだけで煮込むのですが、白ワインの酸味がすごくお肉に合うし、お肉もやわらかく仕上がります。
お肉には、季節の旬の野菜を使ったサラダを添えます。

・チョコレートケーキ

6.jpg

中がトロッとしたフォンダンショコラ。
すごく濃厚で美味しいのに、材料を混ぜるだけで作れます。

このレッスンのメニューは、煮込みには時間がかかりますが、作るのは本当に簡単!料理が苦手な方にもおすすめのレッスンです!

▶︎フィロメナさんのレッスン一覧・参加予約はこちらから

日本では珍しいネパールのカレーを味わえる!サンギタさんのレッスン

今回はネパール料理のホスト、サンギタさんのおすすめレッスンをご紹介します。

サンギタさんはすごくやさしくて、ほっこり癒されるホスト。
レッスンでは、ネパールの結婚式の話などもしてくれて、とっても面白い。
ネパールの民族衣装で出迎えてくれて、Tadakuらしいホストです。
旦那さんが日本人で、日本語もとても上手!

2.jpg

日本ではネパール料理を食べられるお店が少ないので、ネパールのカレーを食べる機会がなかなかありません…。

インドの料理は、地方によって全然違っていて北インドのカレーはバターを使うなど少し重
いけれど、ネパールのカレーはそれよりも軽い食べごたえ。

1.jpg

使うスパイスもインドと少し異なるので、香りもインドカレーとはちょっと違います。
Miwaもこのレッスンで初めて食べたけれど、ネパールのカレーはとってもおいしい!
インドのカレーが好きでよく食べる人には、ぜひ違いを味わってみてほしいです。

▶︎ネパールの国民食ダルバート

ダルバートというのは、カレー、ピクルス、豆のスープ、ごはんの4つの組み合わせのこと。
ネパールでは定番のワンプレートで、Miwaも初めて食べたけどいつまででも食べてられる!と思うくらい美味しかったです。

それぞれのメニューを少しずつ混ぜて食べます!
もちろん単体で食べてもいいけど、混ぜた方がさらにおいしい。
豆のスープって、実は世界各地で食べられている料理。
日本でいうとお味噌汁みたいな位置付けで、ネパールでは毎日飲まれているそうです。

4.jpg

Miwaはこのレッスンに参加して、ピクルス(アチャール)の美味さに本当に感動しました。

そのなかでも、ジャガイモのピクルスが本当に美味しくて感動。
あまりに美味しくて、こればっかり食べちゃったぐらい!長く漬け込まなくてもすぐに食べられるのもうれしいポイントです♪

5.jpg

ネパールのカレーは日本であまり知られていないけれど、すごく美味しいのでぜひ一度味わってみてほしいです。

▶︎サンギタさんのレッスン一覧・参加予約はこちらから