料理を習いながらウズベキスタンの色々な話を聞けるObidさんのレッスン

Obid-65

今回は、ウズベキスタン料理のホストObidさんの紹介です。

ウズベキスタンの人も大好き!本格的なウズベキスタン料理

とにかくごはんがおいしい!いろんな国の料理を食べているMiwaも、おいしくて感動した料理のひとつです◎

タイ料理とかインド料理って、どんなにおいしくてもハーブが苦手だとか、食べ慣れていないとどうしても100%素直に「美味しい」と思えない部分がありますが、ウズベキスタンの料理って、あまりクセのある食材を使わないんです。

クセがあるのはラム肉ぐらいなので、ラム肉が平気なら大丈夫。

誰でもおいしいと思える料理が多いです!

Obid-44

ウズベキスタンでよく食べられているプロフというお料理は、野菜やお肉のダシがたっぷり入った、パエリアのような料理。

お肉が入ってボリュームたっぷりだけど、サラダとも相性抜群でいくらでも食べられます。

ちなみに日本にいるウズベキスタンの人が、Obidさんの料理を食べるためにわざわざ来るくらい、本格的で美味しいです。

食材はシンプルなのに、ここまで美味しく作れるのが不思議なぐらい。

Obid-37

日本ではなかなかウズベキスタンの料理って食べられないし、そもそも出会わないですよね。

だから、こんなにおいしいウズベキスタンの料理を食べられるのはTadakuならでは。料理を習いながらウズベキスタンの色々な話を聞ける貴重な体験ができます。

Obid-57

Obidさんは日本在住歴も長く、奥さんが日本人で、親日家。

ウズベキスタンのことを知ってもらいたいという思いが強く、部屋にはウズベキスタンの雑貨などがたくさん飾ってあります。

Obid-75

もちろん、ウズベキスタンのいろんな話をしてくれるので、Obidさんと話をしているとウズベキスタンに行きたくなります。

Tadakuでなら料理を習いながら、このような貴重な体験もできます。

Obid-9

ウズベキスタンは、アジアやトルコなどの文化の影響を受けているので食文化も独特◎

お米も食べるけどパンもよく食べ、剣山のような道具でパンに模様をつけて焼く、ユニークな料理もあります。

また、布が有名で、奥さんがウズベキスタンの布でエプロンを作っているのですが、それがとても可愛い。

Obid-60

Obidさんは人柄もあったかくて、レッスンに行くと幸せな気持ちになります。

世界には、知らなかったけど素敵な国があるんだなって思える、そういうことに気づかせてくれるホスト。

ウズベキスタンや中央アジアに興味があるなら、絶対行ってみて欲しいです!

▶︎Obidさんのレッスンはこちらから

まるでホームステイ!ホストと食卓を囲む「おうちごはん」の紹介

DSC05324

今回は、外国人の家で食べる「おうちごはん」の紹介です。

「おうちごはん」ってなに?

「おうちごはん」とは、通常の料理レッスンとは違い料理は作らずに、ホームステイのようにホストのお宅で食卓を囲むことができるTadaku独自のサービスです。

実際にホストの国の家庭に出てくるものを食べられるので、海外に行かなきゃできないような体験ができます。ジンバブエやミャンマーの料理など、珍しい料理も多いのもポイントです◎

Tadakuに参加する人は料理を習いたいというのはもちろんだけど、その国のことを知りたい!料理に興味がある!という理由で参加する人が多いです。

でも料理教室となると、どうしても半日がかりになるし、ちょっとかまえてしまう部分もあるかもしれません。あまり料理の腕に自信がないとか、他の人が料理上手な人ばっかりだったらどうしようと心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「おうちごはん」はそんな方にはぴったりのサービスです!

価格も2,500円とリーズナブルなので、より気軽に参加できると思います。

「おうちごはん」では、基本的に3品の料理が用意されています。

メインディッシュは決まっていますが、あとは行ってみてのお楽しみ。

料理教室となると、再現性が大事なので日本で手に入らない食材って使いにくいのですが、「おうちごはん」はそういう配慮もいらないから、ホストが好きな食材を使っています。

料理によっては、日本では絶対に食べられないようなものが出てくるかも!

「おうちごはん」をはじめた理由

Tadakuにゲストとして参加した人の中には、料理を習うことよりも国のことに興味があるとか、現地で食べたご飯をもう一度食べたい!という方も多くいらっしゃいます。

そういう人がもっと気軽に参加できるように「おうちごはん」を始めました。

DSC05240

東京に住んでいると、外食すれば様々な国の料理が食べられるけど、その国の人とコミュニケーションをとる機会ってあまりないですよね。

でも「おうちごはん」なら、その料理がその国でどういう時に食べられているのかとか、どんな食材を使ってるか、というような話をしながら食べられるんです。

これってすごく貴重な体験だと思います。

また教えるより作るのが好きとか、作ったものを食べてもらいたい、というホストにとってはすごく楽しいものになっています。

時間も1時間~1時間半と料理教室に比べて短いので、ランチを出掛ける感覚で参加してOK

Miwaも参加したけど、まるでホームパーティーに招かれたみたいな感じでとっても楽しくて、こういう機会がもっと増えればいいのに!と思いました。

参加者はその国や料理に興味のある人が多いので、話題も盛り上がること間違いなし!

DSC05262

Tadakuのレッスンに行ってみたいなっと思ってるけど、なかなか最初の一歩が踏み出せない方には、「おうちごはん」をおすすめします。

まず「おうちごはん」に参加してみて、ホストやレッスンの雰囲気を知ってください。

誕生日などのプレゼントがわりに友達と参加したり、Tadakuってどんな感じなのかを体験するのにもぴったりです♪

▶︎おうちごはんの詳細・予約はこちらから

お相撲が大好きで日本語がペラペラのAmyaさんのレッスン

 

DSC_0218

TadakuのMiwaによるホスト紹介✨

今回は、アメリカ料理のAmya(アミア)さん

レッスン申し込みにあと一歩踏み出せない方やアメリカに興味がある方必見

Amyaさんは、18歳までお父さんの仕事の関係で日本で暮らしていたということもあり、バイリンガルで日本語がペラペラ。その後アメリカに帰って、アメリカの大学を卒業して働いていたけど、2011年の震災がきっかけで、以前住んでいた日本の役に立ちたい!と来日しました。

Amyaさんのご主人はアメリカ人で、日本についてきてくれたんだそうです。アメリカやヨーロッパの人は奥さんのキャリアチェンジに旦那さんがついてく、というのが結構あるのだとか。

もともとはフィクサーという、問題解決やコーディネートをする仕事をしていたAmyaさん。最初はボランティアをしていたけど、フィクサーをしていた経験を生かして、陸前高田市と協力して、政府から資金援助をしてもらうための交渉の前線に立ったりしたこともあるのだそうです。

もともとお料理が大好きで、アメリカにはいろんなパイがあるけど、日本ではあまりパイを食べる機会がないのでぜひやろう!と思い、去年の終わりぐらいにキャリアチェンジして、パイを作って売り始めました。

DSC_0445

そんなAmyaさん、日本には長く住んでいるけど、意外とあまりそれを感じさせないザ・アメリカ人!て感じの、とにかく明るくて楽しい人です。

さらに日本の文化や着物が好きで、帯を部屋に飾っているのだそう!その中でも特にお相撲が大好きで、力士のことをまるでアイドルでも見るかのように熱く語ってくれます。

話題も豊富なので、レッスンは、おしゃべりが弾むこと間違いなしです。

Amyaさんのレッスンは特に「外国の料理や文化に興味がありTadakuに登録したけど、英語があまり得意じゃなくてレッスンに参加しづらいな~」なんて思っている方にはおすすめ。日本語で大丈夫だし、日本の居住歴が長いので日本人のことをよくわかってくれているから、レッスンは大好評だし本当に楽しめます!

DSC_0185

自宅も日本のものが飾ってあるけれど、どことなく外国の雰囲気が味わえますよ。アメリカの料理はとてもシンプルで、食材もネットなら絶対に見つかります!

アメリカは歴史的にいろんな国の人がいるので、イタリアやメキシコなどのいろいろな食文化がミックスされていて面白いんです。ミートボールスパゲッティも、イタリアではなくアメリカで作り出されたもの。

本場の料理とはまた少し違うけど、食材や調理方法が独自にアレンジされていて、まさにいいとこ取りです。もし、アメリカ料理はあまり美味しくなさそうというイメージを持っているなら、そのイメージが覆されるレッスンになります。

DSC_0301

Amyaさんは料理のバリエーションも多いのでいろんな料理を味わえるし、レッスンを通して新しい発見をするきっかけにもなると思います。

さらに、アメリカに旅行や留学をしたいと思っている人にもぜひ、おすすめしたいレッスンです。アメリカって意外と観光地以外の情報が少ないので、Amyaさんからアメリカの情報や生の声を色々聞くことができます。

アクセスも渋谷から5分ぐらいだし、駅から徒歩数分の便利な場所!

あと一歩が踏み出せない方!ぜひ一度参加してみてくださいね♪

▶︎Amyaさんのレッスンはこちらから