日本にいながら海外旅行気分♪「TADAKUで春の食卓、世界の食卓」イベント開催レポート

_DSC7534

当選者は16 人に1人 。応募が殺到したTadaku初の大規模イベント

Tadakuでレッスンを受け持つ人気のホスト(先生)8人が集結し、参加者に料理をふるまうこのイベント。先生と直接お話しもでき、美味しい料理も食べ放題ということで、なんと80名の定員に対し1,300 名以上の応募があったそうです。これには運営スタッフも驚きを隠せず「15倍以上の当選確率ですから、今日来て頂いた人は強運です!」と興奮気味。8ヵ国の料理を全部食べ尽くしたいと話す参加者も多く、会場は食欲の熱気に包まれていました。

_DSC7653

┗ドレスコードは”エプロン”。共通のアイテムのおかげか、和気あいあいとした雰囲気

_DSC7909

_DSC7648

_DSC7589

┗先生が直接料理をよそってくれます。気になっていた先生とお話ができる絶好のチャンス!

 

料理のスキルを学ぶ教室ではなく、外国人先生宅でのホームパーティーに近い

―――2013年にTadakuを作って自らレッスンも受け持つ(現在はTadakuの運営に集中するため基本レッスンはお休み中)Taoさんに、このイベントの目的を聞いてみました。

 

「Tadakuは料理が苦手でも参加できるし、『教室』という言葉のイメージに反して、まったく堅苦しくないんです。教室というより外国人の先生宅でのホームパーティーに近い。Tadakuのそういうカジュアルな楽しさをまずは体験してほしくて、このイベントを開催しました。」

 

Taoさんの言葉通り、料理を味わい先生のお話を聞き、ときには冗談に爆笑しながら、みなさん楽しそうに過ごしています。意外にも、「Lessonはいつも一人で参加するし、今日も一人で来ました」という方もたくさんいました。美味しい料理を一緒に食べるからか、初対面でも自然な流れで話に花が咲くよう。一人で参加しても全く気後れする必要ないようです。

_DSC7938

┗先生を囲んで参加者同士の話もはずみます。英語が話せなくても、話せる参加者の方が助けてくれますよ。

 

自分の国の料理をきっかけに、生徒と出逢えるのが楽しい!

Tadakuのホストはどのようにイベントを楽しんでいるのでしょうか。こちらはご家族も連れてポーランド料理をふるまうKarinaさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

┗「おすすめはこのピエロギ(ポーランドの餃子)!絶対食べてね!」と紹介してくれました。日本ではなかなかポーランド料理を食べる機会はないので貴重な体験です。

 

―――Tadakuのイベントはどのような気持ちで参加したのでしょうか?

 

「レッスンで素敵なゲストと出逢えて、それが本当に楽しいので、今日も楽しみにしていました。ポーランド料理はマイナーなのに興味を抱いてくれて、わざわざ2時間かけてレッスンに来てくれた人もいるんです。ポーランドの文化や言葉に詳しい生徒さんが来ることもあって、毎回驚きがありますね。食を通して出逢いが広がることを私自身も楽しんでいます。」

 

観光客向けの料理ではなく、家庭で食べる「本当のドイツ料理」を知ってもらいたい

ドイツ人とアメリカ人の両親を持つFeliceさんは、ドイツのパンとレンズ豆スープをふるまっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

┗プレッツェルのパンとライ麦パンは大好評!何もつけないで食べようとすると、「バターをつけるのが一番おいしい食べ方よ」と教えてくれました。

 

―――FeliceさんがTadakuのレッスンで教えてくれるのは、どんなドイツ料理なのでしょうか?

 

「日本人が旅行で食べるドイツ料理は、観光客向けのレストランの料理が多いですよね。実はそれって、家庭で作られている料理と結構違うんです。私が作るドイツ料理は、ドイツ人が小さい頃から家で食べている家庭料理なんです。このレンズ豆のスープも、日本人の感覚でいうカレーのようなもの。こういう料理はレストランではなかなか出てこないのですが、本当に美味しいの!観光地の料理と家庭の料理の違いを是非味わってほしいです。」

 

日本では見かけない、ディープな料理の数々

イベント中にはTaoさんとホストとのトークセッションもありました。Taoさんが流暢な日本語でそれぞれの先生を紹介してくれます。タイのTipさんはNYでお菓子の勉強をしていて、オリジナルのデザートメニューも考案しているそう。イベント用に作ってきたというタイティーパンナコッタはすぐに無くなってしまったほどの美味しさ。

_DSC7961

┗トークセッションの後、この日を迎えるというTaoさんを、サプライズでお祝いしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

┗Tadaku運営スタッフ、ホスト、ゲストのみんなから暖かい拍手を贈られるTaoさん。

 

デザートと言えば、インドネシアのRielaさんのパイと泡プリンも好評でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この泡プリン、泡は勝手に分離して固まるそう。日本では見たことがないデザートです。日本にいながら8ヵ国の地域のディープな料理と出逢えるのも、このイベントの魅力。「海外旅行に行く感覚でTadakuのレッスンに通っています」という参加者の言葉にもうなずけます。

_DSC7615

_DSC7409

_DSC7433

病みつきになる、Tadakuのレッスン

_DSC7772

イベント後半になる頃にはお腹も満たされ、参加者同士のおしゃべりもはずみます。お話を聞いていると、Tadakuに参加する人には「料理が好き」「異文化に興味がある」という二つの共通点があるよう。なぜ、みなさんTadakuのレッスンに惹かれるのでしょうか?

 

「ホストのお宅に行くと、料理はもちろんインテリアも言葉も話題も異文化。知らない世界を垣間見ることができて、プチ留学の気分です。」

_DSC7623

「ホストが日本で手軽に手に入る食材で異国の料理を作ってることに驚きます。KALDIとか、amazonとか、食材を手に入れる具体的なお店まで教えてくれるから、家で再現できるのが嬉しいです。」

_DSC7821

「大人数は苦手なので、5人ほどで開催されるTadakuのレッスンが大好きです。こじんまりとしてて、アットホーム。レッスンを通して友達もできました。今日も何人か知り合いを見つけてしゃべりましたよ。」

 

「東京タワーが目の前にあるホストの家でレッスンしたときは興奮しました。ホストの住んでいるお宅に上がらせてもらうのも一つの楽しみです。素敵なお家に住んでいる先生が多いんです。」

 

お気に入りの料理、レッスンを受けたいホスト、見つけました!

_DSC8051

総勢8人のホストが参加したこのイベント。ホストの皆さんも、「普段は会えないTadakuの他のホストと話せて面白かった!」と笑顔でお話してくれました。参加者の方は「あのパンを家で作れるようになりたい」「ガパオライスが忘れられない」と次に学びたい料理を見つけたようです。

_DSC8005

ほとんど食べつくされた料理と一緒に、イベント最後に記念撮影。自分の国の文化と料理を味わってほしいというホストの想い。異文化を体験したいという参加者の想い。それぞれの想いが「料理」を通じて交流し合う素敵なイベントになりました。

 

今回抽選に漏れてしまった方へ朗報。反響を受けて第二回目のイベントも検討中とのこと。詳細が決まり次第Facebook にて告知されるようですので、Tadakuページの「いいね!」をお忘れなく!

 

 

 

(取材を終えて・・・)

お昼から始まったこのTadakuイベント。会場に着いてまず気が付いたのは、みんなが笑顔でワクワクしていることでした。たくさんの美味しそうな料理を前にすると、人間ってとってもいい顔するんですね。私もそのうちの一人として、終始笑顔でモグモグ。幸せな時間を過ごさせてもらいました。

By 吉田麻葉

アメリカの民族アーミッシュの人達のライフスタイルを紹介するサイトを運営しています。→「Down to Earthアーミッシュの暮らし」http://dte-amish.com/

レッスンレポート:“Abendbrot” – ドイツの自家製パン祭

Cheers! 前回レッスンレポートをしていただいた、Chizuruさんに続き、生徒の視点から取材させていただきました、Harukaです。

早速ですが、いま私はレッスンで作って、お持ち帰りしたドイツポテトパンを片手に、このレポートをのんびり書いてま〜す。丁度いい塩気のきいた、中がふっくら、外のクラストがカリッのパンは最高!一口パンを噛むごとに、昨日のレッスンの Sweet Memoriesが思い出されま〜す….

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(回想中)

私が参加したのはディアナさん主催の「Abendbrot」ドイツの自家製パン祭りでした。「Abendbrot」とは 直訳で夕方のパンという意味で、ドイツの平日のディナーです。

さて、ドイツの平日のディナーと聞いて真っ先に私が思いついたのはコレ↓

Source: dailymail.co.uk

あとやっぱり欠かせないのは↓

ビール!浴びたいっ! source: dailymail.co.uk

どちらもオクトーバーフェストの写真ですが、今回みんなで再現する日常のディナーとはどんな感じ?

ディアナさん教えて!

20140706-134717-49637605.jpg

わたしたちのカリスマティーチャー!ドイツ生まれのディアナさん

ディアナさん:「ドイツ人の食事は至ってシンプル!パンと一緒にコールドカット、ピクルス、薄くスライスしたカブなどの野菜、パテ、チーズディップなどが食卓に並び、家族みんなで自分のプラッター(木材のボード、ドイツではお皿として使われている)に好きなものを好きなだけのせて食べるのよ。」

そっか、だからドイツ料理屋やビアガーデンにいくと、木の板にお料理がでてくるんですね。オクトーバーフェストの御馳走の内容のシンプル版なんだね!

レッスン当日、私が到着した頃には他の生徒の方はもうエプロンをつけて準備満タン。ウェルカムドリンクを飲みながら他の人がくるまで、楽しく話しました。

20140706-121016-43816069.jpg

ディアナさん自作のレモネード、アイスティー、自家栽培のハーブがきいたパイナップルフレーバーウォーターが用意されていました。みんな初対面で緊張気味だったけど、美味しい飲み物で癒されていっきに仲良しに。

ディアナさんは深夜三時からワールドカップのドイツ対フランスを六本木のバーで観戦したため、ちょっと寝不足。コーヒーでエネルギーチャージ!

20140706-121016-43816709.jpg

(ディアナさん):「楽しいことをしてるから疲れは感じないわ。ドイツが勝ったし機嫌は最高!」(生徒一同):「ふードイツが勝ってよかった 笑。」

20140706-120633-43593656.jpg

ディアナさんは参加者みんなに手作りのネームカードを作ってくれました。

完璧すぎる歓迎と気さくな性格に、レッスンが始まる前からみんなディアナさんにぞっこん。

そして綺麗に飾られたテーブルセッティングを後ろに、いよいよレッスンスタート!

20140706-121102-43862983.jpg

雑誌から飛び出てきたみたいなテーブルセッティング!もちろん木のプラッターも生徒一人ずつのネームカードと共に置かれていました。

今回ディアナさんが教えてくれるのは三品:ポテトパン、プレッツェルの生地で作る南ドイツのLaugenbrotと南ドイツで有名なクリームチーズ「Obazda」です。

パンにもっと親しみをもってほしいと、ディアナさんは少し作るのに時間がかかるポテトパンとすぐ簡単に出来るショートブレッドのプレッツェルを教えてくれました。

はじめに私たちが作り始めたのは…KARTOFFELBROT、 ジャーマンポテト入り田舎パン。

20140706-121015-43815426.jpg

いまと違って昔のドイツは貧しい人々が多く、小麦粉は贅沢品で、小麦粉を百パーセント使った白パンは裕福な人にしか行き渡らなかったそう。そこで、賢い庶民が考えついたのが、ポテトで小麦粉の半分の量を代用したポテトパン。庶民の白パンとして親しまれたそう。いまはその庶民のパンが白パンより人気なんだとか!世界共通、人間は食べ物がかかってると誰でも発明家になるよね。

ディアナさんはこのクラスのために、ポテトパンを日本のスーパーに売っている材料だけで見事再現。何回も試行錯誤して、やっと作り出した努力の結晶のレシピを教えてくれます。感激!

20140706-121014-43814781.jpg

 

なので材料は、パン作り経験者には信じられない日清の薄力粉。生徒さんも数人驚きの雄叫びをあげていました!それとボイルしたポテト。日本のジャガイモはデンプンが多いのでポテトパンに最適なんだとか。これぞ日本食材とドイツ文化の自然のマリアージュ。

最後に上に中央に写っている「スターター生地」。日本のパン作りと違って、事前に作って発酵させたスターターをインスタントイーストと混ぜてつくります。

20140706-121014-43814142.jpg

 

使われたインスタントドライイーストはこれ。パン作り慣れしている生徒さんがまた「これでいいの!?」と驚愕していました。パン作り初心者の私にはわかりませんでしたが、これも普通のスーパーに売っているみたいです。

材料が揃ったところで ディアナさんが両親から受け継いだ自慢のブレッドミキサーが登場。1979年に買われた、35年もののベテランミキサー様に生地を放り込んで、あとはおまかせ!

20140706-121013-43813502.jpg 20140706-121012-43812252.jpg 20140706-121012-43812880.jpg

ディアナさんは生地の柔らかさ、弾力さなどの違いを丁寧に教えてくれました。

10−15分ぐらいミキサー様にこねてもらったら、生地を常温で30分休めます。休めることで小麦粉とイーストがいい友達になって馴染むんだそうです。ちなみにディアナさんは35度のオーブンの中で友達作りを支援。こうしないと小麦粉とイーストの間に大きな気泡ができて、お友達になれないんだとか。

20140706-121017-43817357.jpg

待っている間にディアナさんはみんなにパン作りのコツを伝授:「イーストを大事にしなければいいパンは作れません。イーストが元気にいるためには常温を保ってあげることが必要。熱すぎても冷たすぎてもだめ。人間と同じ!」

パンも生きて、エンジョイライフしてるんですね。

ポテトパンが友達になっているあいだに、プレッツェル作りに取りかかりました。

Laugenzopfeと親しまれるプレッツェル生地のツイストパン。ドイツを代表するパンの一つです。

20140706-120355-43435936.jpg

できあがりはこんなかんじ

ドイツでは食事やおやつとして一日中食べられる必需品。子供達のお手軽おやつとして親しまれているんだとか。冷凍保存にも適しているから大量に作りおきするのもOK!

ディアナさんはスイス人の旦那さんの朝食のために焼くらしい(羨ましい!)。朝にちゃちゃっと焼けちゃう簡単なパンだから、「ショートブレッド」なんだとか。それを聞いたみんなはちょっと半信半疑。だって難しそうなんですもん!

20140706-121010-43810991.jpg5つの材料(水、イースト、小麦粉、塩、砂糖)をボールに入れたら、よくあるハンドミキサーで練ります。

上下ミキサーを動かしてこねるのですが、結構力が要るんです。体験した生徒さんも暴れ回るミキサーを上手にコントロールしてました。これで今週ジムでウォークアウトする必要なし!なんて冗談言ったり(汗)、だからドイツのパン屋さんってマッチョが多いんだ!とか盛り上がったり。乙女の妄想はどんどんパワーアップ。

生地が出来たら楽しいパンの整形です。まずディアナさんがお手本を見せてくれました。

20140706-121010-43810351.jpg

今回教えてくれたのは丸パンとツイストの形の作り方。

20140706-121009-43809678.jpg

おまけによくみる形も見せてくれました。

お手本をみたら私たちの番!みんな一つずつコネコネしました。

20140706-120634-43594261.jpg20140706-120634-43594749.jpg20140706-120635-43595465.jpg

20140706-120636-43596168.jpg

おもったより簡単!

自信作にみんなニンマリしたところで、次のステップ:Lauge! 生地を重曹と沸騰した水でゆでて色付けします。プレッツェルの赤茶色の色はLaugeからきます。実は肉まんも重曹でゆでられているらしい。でもプレッツェルと違って肉まんは蒸されるから色がつかないそうです。みんなそんなディアナさんの豊富な知識を早速メモしてました。

20140706-120632-43592996.jpg 20140706-120632-43592365.jpg

茹で時間は十秒。みんなかくれんぼしているときみたいに、「いーち、にーい、さーん」っと真剣に数えて茹でました。

でも大人だから出番を待っている間に洗い物を早くも開始。さすがです。

20140706-120631-43591730.jpg

20140706-120631-43591101.jpg

おいしくなーれ!

さっきのお友達作り中のポテトパンは外に出して、プレッツェルをオーブンに。220度で15分!

その間にもう一品。お料理上手は時間活用もうまいのでーす。

20140706-120630-43590438.jpg

第三品目、南ドイツで有名なクリームチーズ「Obazda」作りレッツスタート!

Obazdaも庶民の知恵の最高傑作。ちょっと古くなって、舌に刺さるような食感がある、腐る寸前ギリギリセーフ(?)のソフトチーズをスパイスと混ぜてクリームチーズにして長持ちさせちゃおうとできたのがObazda。ビールガーデンでよくキンキンに冷えたビールとプレッツェルと出されるのがこのObazda。かー酒飲みにはたまらん組み合わせですね(試食時によおくわかりました)。

今回はブリーチーズ(現代人は贅沢に新品で作ります)で作りました。ベースになるブリーチーズとバターを混ぜたら、味付けのスパイスをミキサーで混ぜます。

20140706-120629-43589773.jpg

みんなの好みを聞きながら民主的に味付け会議。

スパイシーパプリカを入れたら辛くなるし、オニオン、マスタード、クミンをいれたら違う味に。欲張りなみんなは全部入れちゃうことに!

そして最後の愛情の隠し味...

20140706-120358-43438005.jpg

ザ・キリンビール!

さすが、ドイツ人。愛情の隠し味はビールなんですね。ディアナさんによるとこれはディアナさんのおばあさんのレシピ。ビールやバターが贅沢品だった時代に育ったおばあさんの世代は、どの料理にもそれを隠し味としていれたがるそう。日本人も日本酒は料理に欠かせないので勝手に納得。

20140706-120352-43432982.jpg可愛い瓶に詰めてできあがり!

さてオーブンがなりまして、登場したのが焼き上がったプレッツェル。

20140706-120357-43437307.jpg

焼きたてほやほや

キャーーーーーーーーっとピンク色の音色がディアナのデザイナーズキッチンに響きました。

すぐに食べたいところだけど、ポテトパンの形をつくらなければなりません。それはディアナさんがお腹がぐーぐーなってる生徒の様子を察して素早く教えてくれました。

20140706-120354-43434389.jpg20140706-120355-43435034.jpg

生地を模様の入ったボールに入れて休めたので、生地には可愛い模様が!

20140706-120353-43433687.jpg

 

上にばってんの切り目を入れて、温度を変えながら焼きます。実はディアナさん、前もって同じものをもう一つ先に焼いておいてくれました。

という訳で全部の料理が完了!みんなで手分けして綺麗なテーブルに傑作を並べていきます。このほかにも、コールドカットや、野菜のスライス、ゆで卵、テリーヌを用意してくれていました。

20140706-120350-43430786.jpg

20140706-120351-43431541.jpgちなみにこの写真はみんなでこうやってとったもの↓

20140706-120352-43432274.jpg

 

記念撮影をしてから、

20140706-000946-586993.jpgさっそくいただきまーす!

まずは焼きたてプレッツェルを半分に割って、おすすめの食べ方をトライ!バターをひと塗り、カブと大根の薄切りを重ねて、塩をパラっとふってがぶりと頬張ります。美味でございます!!!!!!!ふわっと柔らかい生地にバターがトローッと溶けるのをみるのが何ともいい。

20140706-000945-585491.jpg

20140706-000944-584765.jpg

20140706-000944-584039.jpg

みんな食べるのに大・真剣!このときがみなさん一番静かでした。

パンにピクルスとリエットをのっけてたべたり、作ったクリームチーズと卵とキュウリをつけて食べたり。いろいろな組み合わせで違う味が楽しめる、なんとも楽しい夕方のディナーでした。

20140706-000942-582407.jpg

私の欲張った結果。幸せー!

しかもディアナさん、季節のスープを出してくれました。これはグリーンピースのスープ。サワークリームと紫スプラウトをトッピングしてくれました。なんて綺麗なのおいしいの、このレシピも今度習ってみたいです!

20140706-000947-587722.jpg

20140706-000943-583239.jpg

さてお腹いっぱいになってきたらいきなりのデザートのサプライズ。「用意したのだけど食べる?」とディアナ先生。

きゃあああああーーーーーーーーーーーーーーー!!!(ハートハート)と生徒達は大反響!乙女ハートにロックオンでした、ディアナ先生。

20140706-000941-581000.jpg

「イーストで作れるものがたくさんあるっていうことを知ってもらいたくて、シンプルなイーストを使ったバターケーキを作りました。」と先生。みんなデザートの方向に食べるのをやめて猛ダッシュ。

20140706-000941-581724.jpg

コーヒーもいれてくれて、みんなでデザートタイム。そとのアーモンドシュガークラストはサクサク、中はパンみたいにもちもち。とっても軽くてさっぱり(=罪悪感の少ない!)ケーキでした。先生天才!

美味しいご飯と弾む会話でみなさんすっかり、あふれんばかりの笑顔。お皿洗いをしたら、また楽しいおしゃべりを繰り返し、「なんだか今日初対面だとは思えませんね」といいながら、こんな楽しい時間と場所を提供してくれたディアナ先生とTadakuに感謝しました。

帰り際にまたサプライズ。先生がデコレートしたラッピング紙で、今日食べた後に焼き上がった、ポテトパンとケーキの残りを包んで、「夜の小腹がすいたときに」と持たせてくれました。素敵なお心遣いにまたもや感動。

20140706-000939-579507.jpg

みんな大事にお土産を抱えて、ディアナ先生の家をはなれました。帰り際エレベーターの中で「勇気出して参加してよかったね」、「食べ物が大好きな人が集まるとこんなに盛り上がるんだね」とはなし、また会えることを願ってお別れしました。素敵な人を集める食の力はすごいですね。

以上レッスンレポートでした。もぐもぐパンもとっくに終わってしまいましたが、幸せー!